Archive

Posts Tagged ‘SONY’

電子ビューファインダーがぐっと見やすくなる?SONYの新機種の噂。

どうも。kisaragi_Virです。今日はすっかりと春の日差し。過ごしやすい一日でした。

 

ミラーレス上級機の置き換え来るか?

 

つい先日、SONYはNEXの新機種NEX-3Nを発表したばかりですが、早くも次の商品の噂が聞こえ始めています。その具体的な商品名はというと、、、「NEX-7N」らしいです。

NEX7といえばSONYのミラーレス機のなかでも上級モデルです。それが早ければ今年の4月にも新機種に入れ替わるのではないかとsonyalpharumorsは報じています。

 

(SR5)4月に発表される新しいNEX-7N。 新しい24メガピクセルのセンサーを使って! | sonyalpharumors

 

 

 

 

まだ噂だけですけどまとめてみましたよ。

同記事によるとNEX-7N用に今回新たに位相検出画素を持ったセンサーを開発して搭載しているとのこと。(画素数自体は2400万画素と据え置きではあるようですが。)

更に可能性の話ではあるのですが現行のNEX-7にある不満点として上がることの多い、ライブビューでの動画撮影の際に起こる発熱での実撮影時間が短くなる現象も、電子回路の再設計によりなくなるのではないかと書かれています。(これはそう感じるヒトが多いみたいですねえ。冬でもダメだっていうレビューを見ますからやはりセンサーの発熱にボディーが保たないと考えたほうが正解なのかも。)

ソースはないのですが外観はほぼ現行のNEX-7と変わらない模様。

それと今日入ってきた新しい噂ですが、液晶ビューファインダーが進化しているみたいです。NEX-7Nでは380万ドットという新しいファインダーを搭載しているとか。(現行の7Nで約235万ドット)大幅にキレイになった画面を楽しみにしてよさそうです。

 

(SR5)4月に発表される新しいNEX-7N。 新しい24メガピクセルのセンサーを使って! | sonyalpharumors

 

 

 

 

そう、4月といえば。

OLYMPUSも4月に新商品を投下する用意があるという噂があります。こちらはまだ具体的な機種名までは不明ですが、E-p5あたりが発表になるのでは?といわれています。SONYとOLYMPUSの新機種が争う展開になるということでしょうかねえ。いずれにしても楽しみな話です。ではでは。

 

おまけ。

記事を書いている途中でOLYMPUSがハイエンド機のE-7を出す?っていう噂も入ってきました。個人的には今更感があるのですが。何か面白い展開でもあればいいですね。

 

(FT4)信頼できるソース:確認のために来て、E-5後継。 | 43の噂

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

SONYがNEXの新型を来月に発売。NEX-3Nの仕様を確認しました。

どうも。@kisaragi_Virです。突然の大雪に春はまだかとぼやきたくなります。

SONYのミラーレス一眼のNEXに新機種が投入されることが国内でも正式に決定しました。商品名は「NEX-3N」位置づけとしては入門機にある「NEX-F3」の後継機になるみたいです。(F3は今だとかなり安く買えますからね。今回は後述しますが機能面はマイナーチェンジ感がありますので値段によってはF3狙いもありかもですよ。)

NEX-3N | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Eマウント] | ソニー

 

 

 

 

キサラギ的視点。3Nはここを見る?

ということで独断と偏見ですが抑えておきたいポイントを3つご紹介。

  1. まず、軽くなった。かなり大幅に。もともとF3で314gあったものを269gにまで落とし込んできたことは良い点です。女性ユーザーを意識して展開している感のあるこの手の機種では軽さは正義ですね。
  2. シャッターボタンの周りに電動ズームレンズ対応のズームレバーを搭載しています。これでほぼコンパクト機と同じような感覚で使う事ができるようになります。レンズに付いているズームレバーとどちらか好きな方で操作が可能です。
  3. 画質を決定する画像エンジン「BIONZ」は最新バージョンのものを搭載。これによって今までよりも暗いところで撮影しても写真にノイズが入りにくくなるとか。開けてみないとわからない部分ですが期待は大ですね。

スクリーンショット_13_02_25_21_11

液晶モニターが独特の動きをすることで、簡単に自分撮りができるところが面白いNEXシリーズですが今回の進化は少し控えめな感じがするかも。本当は撮影画像を独自に判断してNEXが自動でトリミングする機能とかを紹介すべきなんでしょうけど個人的に「余計なお世話」なんですよねえ。興味のある方は公式で確認してくださいw。

ソニー、ズームレバー搭載の低価格ミラーレス「NEX-3N」 -AV Watch

 

 

 

 

 
マイナスっぽいのはアンチダスト機能が省かれているらしい、という点でしょうか。そういう評価を付けてるのがこの記事が出てますからおそらくそうなんでしょう。その辺りはどのようにフォローしているのか。はたまたレンズ交換はデリケートになるのか。気になりますね。ではでは。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

SONY RX1の発売日ですね。JPEGサンプルなど出てますよ。

ということで本日はSONYが新投入する超高級コンパクトデジカメ、RX1が発売された日でした。RX1ってなに?っていう方に簡単にご説明すると…。

 

 

以前にも一回、記事として書いたことはあるのですが今回はもう少しわかりやすく書いてみることにしました。知ってるよってヒトは今回はスルーしてもらえばよいと思います。

1.センサーが高級一眼レフと同じクラスのもの。

 

SONYでは先月にα99という名前のハイエンド一眼を発売したのですが、それと同じレベルの解像力のセンサーをコンパクトデジカメのボディに収めたのがこの機種のポイントになっています。フルサイズCMOSセンサーといえばかなり重たいボディじゃないと搭載していることが少ないのですが、この機種は482gと割と持ち運びやすい重さで撮影できることがメリットです。

 

2.レンズはこだわりのツァイス単焦点。

 

以前からSONYは高級機にカールツァイスと提携した高解像度のレンズを使っていますので、そのレンズのファンが多いということはあるのですが、今回のRX1にもこだわりまくったレンズユニットを開発していますので、仕上がりは既存のコンパクト機とは別次元の美しさになっている模様です。レンズの絞り羽根も円形絞りになっていますから点光源なんかの描写もかなり期待できるはずですよ。

 

 

3.豊富なアクセサリー群。

 

目的に応じて様々なアクセサリーが用意されていることもとても大事なことです。たくさんある中で僕が面白いな〜と思ったのがまずは機械式レリーズに対応していること。

 

シャッターボタンのネジ穴に昔から使われていたケーブルレリーズが使えるのはとても嬉しい機能だと思います。最近はリモコン全盛期なので使う事がめっきりと減ってしまったのですがこういうのでシャッターをきるというのもなかなか乙なものがあるはずですw。

それともう一つの注目アクセサリーはサムグリップと呼ばれる新たなグリップが発売されていることですね。通常はカメラ前方に握りやすくする為の凹凸をつくるのが一般的なのですが、このアクセサリーは親指を使って構えやすくするアプローチから作られています。これは是非一度実際に試してみたいものですね。

 

 

と、こんな感じがこの機種の面白さではないかと思います。ちなみに今日現在のAmazon価格はというと…。

 

結構よいお値段が致します。

 

海外サイトではISO感度ごとのサンプル画像も。

 

そして海外サイトではありますがFocus NumeriqueというサイトでISOごとに撮影したJPEGデータが掲載されていますので、興味がある方は一度ご覧になってみると良いのではないかと。かなり高い感度を使っても充分な画質は出ているようですので流石にこだわっただけの仕上がりにはなっていると思いました。今日はこのくらいで。それでは。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

NEX-6の開封の儀をやってる海外動画がありますよ。ほか。

近々発売されるであろう噂が絶えないSONYのNEX-6ですが、早くも海外サイトで箱から中身を取り出してセッティングしているいわゆる「開封の儀」的な動画を見つけたので鑑賞してきました。

 

NEX-6を開封したり撮影したりな海外動画。

 

MIRRORLESS RUMORSというサイトで公開されていますので興味のある方はご覧になって頂ければよいのですが、仮にそのままその情報を信じるとしてのお話です。(ちなみに動画からのリンクで撮影レビューもあがってますよ。そっちもざっと見てきました。)

 

 

 

  • とりあえずダブルズームキットを開封しているようです。
  • レンズは現行のNEXのものとは違うっぽい。パワーズームみたいです。
  • パワーズームにはありがちなのですがやや大きなレンズになる模様。
  • コマンドダイヤルの下にサブダイヤルっていう2段構造になってるのがよさそう。
  • 元箱はそれらしいのですがNEX-7に比べるとだいぶ安っぽい。

ちなみにePHOTOZineに詳しいレビューもきていますよ。評価はかなり良いみたいです。個人的には思ったよりも大きい(レンズがそう見えるんだとは思うのですが。)のとパワーズームは評価が分かれるんじゃないかと。反面、操作関係は快適に使えるボディに見えます。親指で回すことになるダイヤルなんかは良い配置だと思いますよ。

 

 

国内発表が楽しみですね。

 

ケンコーから謎なフィルターアクセサリーが発表。

 

たまに不思議系のアイテムが出てくるKenkoですけど今日もなんか発表になっております。

フィルタースティック

 

このレンズのない虫眼鏡状のものに58mmのフィルターをねじ込むとコンパクトデジカメや小口径レンズでも簡単にフィルター撮影ができる…らしい。(定価ですが¥2,300。)小口径フィルター買った方がよっぽど効率的だとか思っちゃいますけどねえ。すでにたくさんフィルターを持ってるヒトあたりがコレを使うとコンデジでも同じ効果を得られるということがメリットなんでしょう。それでも激しくホールドしにくいと思いますけど。

以前にもマグネットでコンデジにコンバーターをくっつけようとして何か作っていた記憶があるのですがこのアプローチは絶えず研究しているようです。いつか大ヒットが出るといいな、ってちょっとだけ応援してます。

今日はこんなところです。ありがとうございました。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

RX100と最高の発明品。

TIME誌が発表している2012年最高の発明品、というとても興味的な記事があるのですが、その中になんとSONYのRX100がノミネートされています。

新しく開発された大型センサーと、それをコンパクトなボディで持ち運べることで、プロユースの需要と軽量化という一見成立しにくい需要を見事になしえた点が評価されているようです。

ちなみにこのページでは価格帯で同じようにノミネートされている製品を見る事ができるのですが、最近話題になったグーグルグラスやnikeのflynitスニーカー、NASAの宇宙服や深海探査用潜水艦などと面白い紹介が多いので一読する価値があると思います。

僕がすごいと思ったのはPricelessのカテゴリーに入っている、indoor Clouds。室内雲と翻訳されている通り、屋内で雲を作ることができる技術。このページにアクセスするとすぐにこの画像が出てくるので最初はCGかとも思ったのですがどうやらこういうことができるようですね。

一応おおよその値段も出てますので、おおよその価値を知る事もできますからそういった意味でも面白いかもしれません。それではこのくらいで。

カテゴリー:まなんだこと タグ: ,

PlayMemoriesCameraAppsのこと。

昨日NEX-6のことちらっと書いて、早く発売日決まるといいなって思っていたら今日公式発表があったようですね。11月16日とのことですのですぐに実機が見られることでしょう。ですので少しだけ昨日書きそびれたところを書いてみようかと。

PlayMemoriesCameraAppsって?

 

 

 

公式はこちらなのですが、カメラの拡張機能がダウンロードできるサービスが今回発表の機種から利用できるようになっているようです。今のところ無料と有料合わせて6つのアプリが公開されていますが、きっとこれから様々なアプリが開発されて追加されてゆくのでしょう。(有料の追加機能が500円っていうのはちょっとどうかという気も致しますが。)現在のところのアプリはというと。

  1. ピクチャーエフェクト…そのまんま、エフェクトが6パターン追加。
  2. スマートリモコン…今使っているスマホをリモコンに。
  3. ダイレクトアップロード…Facebookなどに画像をwi-fiで飛ばせる。
  4. フォトレタッチ…本体内で簡単な画像加工ができる。
  5. ブラケットPro…様々なブラケット撮影が可能に。
  6. マルチショットNR…暗い所の写真を連射して合成。これでノイズがぐんと少なく。

面白そうなのは…。

正直、最初から本体内蔵でいいんじゃ?と思うような機能もあるのですが2.に書いたスマートリモコン。これは面白そうです。集合写真を撮影する時なんかに、iPhoneなどを使って自分がどのように映るのかを手元で確認してからシャッターを押せるっていう機能のようなのですが、意外とこういうアプローチって少ないのではないかと思います。撮った写真はスマホからすぐにSNSに送信できるようですから高画質な写真をみんなで共有したいときには便利に使うことができそうです。

ここまで作ったのですから…。

この手のネットワーク環境っていうのはそもそもSONYのお家芸的なテリトリーですから、どんどん面白い機能を追加して欲しいですよね。例えばプレステ3に送った写真から作ったフォトギャラリーをうまく共有できたりしてもいいでしょうし、これから増えて行くであろうタブレット端末などとも相性が良いでしょう。いろいろな可能性に期待したいですね。

おまけ。BEAMS×Incaseのバッグがいい感じ。

 

 

 

 

 

 

これは見てカッコ良かったのでただ書きたかっただけなのですがw。MBP15インチまでとiPad、その他いろいろがキレイに収まるバッグですね。写真だとACアダプタとマウスを収納してますが、iPhoneとかデジカメなどでもOK。撥水加工された素材とのことですので多少の雨でも大丈夫そう。AppleStoreでの展開も予定されているようなので気になればショップで触れる機会もあるかも。楽しみですねえ。

おまけのおまけ。

余談ですが今日のこれがちょうどこのブログを開設してから50個目の記事みたいです。毎度たいした記事ではございませんがおつきあい頂ければ幸いでございます。ではでは本日はこのくらいで。

カテゴリー:まなんだこと タグ: ,

NEX-6のサンプル画像のはなし。

以前に少しばかりNEX-6のことを書いたことがありまして、その時はまだ僕が見てたページの中には画質がどう、とかっていうのがなかった気が致します。それをたまたま見つけたのでそのことでほんの少しですけど。

今日、僕が見ていたページはThe Phoblographerというサイトのこのページ。他のページもあったようですけどいい感じのサンプルが出ているところを選びました。

AFはより高速に。

例によってgoogle先生の翻訳力に頼りつつだいたいの感じを読んでいますけど、AFに関してはOM-Dに近いものがある、かなり高速であるということとシャッターボタンの横の付いているFnボタンを押すことによって一瞬でAF/MFの切り替えができるのがかなり快適、ということ。新AFシステムの採用により廉価版だけどNEX-7を超える?との説もあるので相当に進化している可能性はあります。

画素数は控えめ。でも画質は良さげ。

夜景の画像も出ていますけどかなりキレイに描写していますね。画素数がNEX-7に比べて少ないこともあるかもしれませんが、上手に処理されているのでしょう。APSここではこの画質を超えるものはFujifilmから出ているとか書いてありますからX-Pro1と比較しているのでしょうか。だとしたらどのように描写が異なるのか興味のあるところです。(発売さえすればどこかの写真専門誌が比較記事を書きそうなものですが。)リングライトを使った撮影画像もありでちょっと面白いです。

参考までに他のレビューページも添付致します。参考になる画像がきっとあるはずです。

STEVEHUFFPHOTO.com

LensTip.com

はやく発売日が決まるともっと楽しいのですが。それでは。

カテゴリー:まなんだこと タグ: ,