アーカイブ

Posts Tagged ‘PENTAX’

CES発、僕の気になったカメラ。(PENTAXの巻)

どうも。昨日に引き続き新発表情報をチェック中の@kisaragi_Virです。

今日はPENTAXの発表した高級コンパクトのことを少しばかり。

MX-1。フィルム一眼の銘機を継ぐ存在になるか?

PENTAXから発表されたのはMX-1という名前が付けられたハイエンドコンパクト機。フィルムカメラの時代を知っている人間にとってPENTAXのMXといえばお手軽価格のマニュアル一眼レフ機としてとてもありがたい存在だった機種。お家芸のコンパクトボディに最低限におさえたダイヤル系で扱いやすく、ファインダーもかなり見やすい方でしたので今でも勉強するつもりで使うんだったらとても面白いと思うカメラです。

MX

↑これがフィルム一眼のMX。

MX-1_Silver_3QView_large

↑そして今回発表のMX-1。

今回、MX-1の興味を持ったポイントの3点がこれ。

1.PENTAXも大型センサー搭載のハイエンド機を投入してきたこと。

 これまでもハイエンド機は各メーカーが手のこんだ機種を発表しているとても面白いカテゴリーとして成熟しだしていますけれど、そこにPENTAXも1/1.7インチセンサーの大型センサー機をラインナップに加えてきたということは、今までよりも更にコンパクト機に攻めてくるということでしょう。

2.やはりMXという名前の存在。

 強烈にペンタファンを意識して作っているのではないかな、と感じる機種です。本体に装飾されているMXの書体は当時のものを踏襲していますし、メインダイヤルのフォント、露出補正ダイヤルのつくりといった細かい仕上げがよくできているなあ、と思います。これでMX-1というなら防塵防滴構造のLX-1とか出ないかなと期待さえしてしまいます。

3.久しぶりの真鍮外装。

 近年の高級機ブームのなかで各メーカーがかなりしっかりとした仕上げをしているものの、ここだけは違うなあと思っていたのが外装。プラスチックベースだったり軽さを優先しているのかマグネシウム製のものが多いなか、このMX-1は昔なつかしの真鍮ボディ。(上下のカバー部分)そしてボディ重量は見た目よりも重めということです。

 一般的にはコンパクト機は小型軽量であることがよいこととされていますけど、こういった硬派な作りのカメラは多少重量があるくらいの方が個人的には好ましいと思っておりますのでこういうカメラはとても楽しみにしております。

日本での発売はまだ未定というのが残念ではありますが近いうちに発表されることを期待しましょう。それでは本日はこのくらいです。

【CES】ハイエンドコンパクト「MX-1」を発表したペンタックスリコー

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

PENTAX Q10とエヴァンゲリオンの「Q」つながりな企画、始まります。

どうも。指先の水分が枯渇ぎみの@kisaragi_Virです。PENTAXが独自路線で突っ走るコンパクト一眼のQですけど、今年発売のQ10にはかなり気合が入っているようでいろいろと面白いことをやっています。

 

まずはCM楽曲を提供しているTHE BAWDIESのメンバーが撮影した写真を公開する企画が今月から公式ページで始まってますし、

 

Q10×THE BAWDIES|Q10|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

 

Qマウントをモチーフにデザインした時計がもれなく貰えるキャンペーンなんてのも来年1月末までの限定で継続中です。

 

PENTAX Q10デビューキャンペーン 第二弾|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

今月の28日までですからあと僅かですが、東京と横浜のTSUTAYAではQ10のレンタルを無料でできるチャンスなんかもあります。

 

TRY! Q10 体感キャンペーン実施中 12/5WED 〜 12/28FRI|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

そして今日発表になったのがタイトルのエヴァンゲリオンコラボ企画です。

 

もうひとつのQ始動!PENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデル開発決定|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

ご存知の方も多いかとは思うのですが、PENTAXのカメラはカラーバリエーションが非常に豊富で自分だけの色をカスタマイズできるものがあります。このQ10もその一つで、2色の色をかなり自由に組み合わせることができます。

きっと零号機から弐号機までのカラーリングをイメージしたQ10を出してくるのではないかと思ったので色の組み合わせを見ていたのですけど、肝心の初号機がうまいことできないですね。(紫と緑の2色でできればよかったのに…。)

 

Q10

 

 

 

 

 

 

 

(きっと弐号機ならこんなかんじの色になるのでは?)

 

カラーバリエーションだけでももちろん楽しみではあるのです。しかしそれでは予想が簡単にできることですからもっと面白いサプライズに期待したいですね!

まだ具体的な発表はないのですけど近日公開とのことですのでいずれ遠くない話でしょう。

あ、あと年越し映画一挙上映なんてのもありますねえ。それでは。

 

 

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

PENTAX K-5Ⅱを触ってきました。

今回はまさにタイトル通りの浅い内容で恐縮なのですが、発売日に触ってこれましたのでそのお話を少しだけ。個人的な感想なのであまり実がないのですがおヒマな方はどうぞ。

暗いところでも大丈夫。

っていうので店頭から物陰の暗いところを向けてシャッターきってみましたけど(ホントはもっと暗くないと意味ないですけどw)まあ、迷わないでピントはくるかなあ。特に不満はないような感じが致します。K-5ユーザーの方の情報だとシャッター音も従来よりも低くなっているとか。低輝度対応能力の強化、静音化ってなんかアヤシい組み合わせな気もしますがw。

液晶画面はキレイに

なっていると思います。本来なら太陽光下のきびしいところで見やすかったです、っていわないとフェアじゃないですけど、普通に見やすい感じは致しますし、強化ガラスっていうのが従来機よりもキズがつきにくいですからそこだけでも嬉しいでしょう。ちなみにフォントがもうちょっと滑らかになるといいのにな〜。なんて思ったりもしましたが。

ライブビュー撮影が

以前よりも早く合焦できるようになっていますね。体感というか勘なんですけどw。メーカーによってはこれがあまり得意でないところもあるのですけど、このくらい早いと快適に使うことができそうですよ。

その他いろいろ。

肝心の画質の部分をその他に括ってしまうのは申し訳ないのですが、ネット上でも早速撮影した画像があがり始まっていますので何点か拝見させて頂いた限りではK-5Ⅱsの方に関してはかなりの進化を遂げているようです。よりくっきりとした色合いが出せるようになっていますね。(K-5Ⅱの方はまだ画像を見てないだけですけど、そんなに変わらないのではないかと)

それと発売に伴ってK-5を下取りに出す人も多くいらっしゃるようです。中古でも相当品薄だったK-5がここら辺で一回、大量に出回る可能性がありますので金額次第ではそっちを狙うのも面白いチャンスがやってきそうですよ。

ざっと見で多少のモアレは覚悟するからより高画質を、っていうのならk-5Ⅱsに乗り換えでOKだと思います。現K-5ユーザーの方は場合によっては待ち、という選択肢もあるのかなあ。マイナーチェンジ、といわれればその通りのことですし、来年にはフルサイズ機が出る?とかいうだけはありますから、時間がある方は様子を見ても良いと思います。(ペンタ特有のリミッテッドモデルとかいう可能性もありますけどねw。)

今年のPENTAXはかなり気合いが入っているようで、あちこちの量販店で展示が出ているようですから、一度お近くのカメラ店を覗いてみるのもいいかもしれませんよ。それでは。

カテゴリー:まなんだこと タグ: ,

K-5Ⅱの進化のはなし。

PENTAXが一眼レフデジカメのK-5を発表したのは2010年10月の話ですので、いまからちょうど2年前になるのですね。当時のPENTAXはHOYA傘下の子会社で赤字体質からの脱却とか経営体質の改善とかやっていた時期ではなかったかと記憶しております。

先行きがよく見えない状態で発表されたK-5ではあったのですが、蓋を開ければ非常に良くできたカメラでした。

  • マグネシウム外装
  • 最大ISO感度51,200
  • 防塵、防滴構造
  • 秒間7コマの連射機能…

などなど他のメーカーでしたらかなり高額なクラスの機種じゃないと入っていない機能がしっかりとつまって10万円台というのですから驚きだったわけです。(最終は多分、10万円を切るか切らないかくらいまで安くなっていたのでは?)今でも在庫を持っている店舗はかなり良い値段で販売していますね。Amazonでも¥95,800とかついてますから発売時期を考えるととても高い金額帯を維持していますね。

そして今年はRICOHと合併してX-5,K-30と着実に開発を進めていくなかでの本命としてK-5ⅡとK-5Ⅱsがこの10月に発売させる流れになっているわけです。

K-5ⅡsはLPF非搭載の高画質優先モデル、ということでNikonのD800同様に同時2モデルを発表して好きな方を選んで下さい的な感じになっているのですが、差額が2万円もしないですからね。ここはSで行った方が面白い気がします。

さて、その新型なのですが進化点は非常にシンプルで良くできております。

  • 従来よりも暗いところに強いAFモジュールを新開発
  • 見やすく、ゴミが入りにくい新液晶を搭載

先日、実際に体験会なども行っていたようですので、AF機能の進化に関しては参加されていた方からもかなり良い印象が伝わってきます。

私の小さな写真館+さんの記事がとてもわかりやすくて勉強させて頂きました。実機の画像も多く掲載されておりますし、液晶の画像などは一目瞭然ですね。

発売まであと3日。大きな販売店では週末には店頭に並ぶのでしょうから一度手にとってみたらいいと思います。本日はこのへんで。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,