アーカイブ

Archive for the ‘かんがえたこと’ Category

そういえば、ブログお引っ越ししています。

どうも。@kisaragi_Virです。

最近独自ドメインでブログの開設をいたしまして、そっちをいろいろやっておりました。

思ったよりも難航したのでこちらへのご案内が随分遅くなってしまって申し訳ないです。

一からいろいろできるぶん、やりたいこともたくさんあるけどスキルがまだまだ追いつかない状態ですがこれからも楽しんでやっていきたいと思っているところでございます。

まずはレンタルサーバーの取得からwordpressの設定でつまづいた話なんかも最初にさせて頂いておりますので宜しければご覧頂けると幸いです。

これからもカメラ系のネタはどんどん書いていきますが、それ以外のネタも少しだけ幅を持たせてやっていきたいかな〜と考えておりますがどうなるやら。

できることからひとつひとつやっていきますので今後とも宜しくお願い致します。

 

きさろぐ。

広告
カテゴリー:かんがえたこと

遂に登場!NikonのAPS-Cセンサー搭載コンパクトデジカメ。

どうも。kisaragi_Virです。このあたりでも花粉症がぼちぼち体感できるようになってきて、春になるんだなあ、と切なくもあり嬉しくもありというところです。

さて、本日はNikonから面白い商品の発表がいくつかありました。中でもこれは面白そうだな、と思ったのがcoolpix A。Nikon初のAPS-Cセンサー搭載コンパクトデジカメです。

Nikon | ニュース | 報道資料:「COOLPIX」初のニコンDXフォーマットCMOSセンサー搭載「COOLPIX A」を発売

 

 

 

 

簡単に説明すれば、普通は一眼レフ機にしか搭載されていない大型のセンサーをコンパクト機の小さいボディに入れて撮影できるようにしてあるのがミソで、手軽に持ち運べて仕上がりも高画質というところがこの機種を選ぶときのポイントになります。

他社ですと既にSIGMAから発売されているDPシリーズやFUJIのX100S、SONYのR1などが同じようなコンセプトの商品といえるでしょう。どれも高画質な反面、ズーム非搭載のレンズですので使う場所、使うヒトを選ぶ玄人向けのカメラです。

マグネシウムを含む金属外装、外付スピードライト/GPSに対応(オプション)、新たに専用のアクセサリーも発売、と充実した内容ですけどお値段は約12万円くらいからのスタートみたいですから、普通に一眼レフ買えちゃう値段なんですよね。これ。

それでも高級一眼ユーザーのヒトなんかにはサブ機としていいね、なんていうはなしで売れちゃうんでしょう。そんな感じのカメラです。

全体的に高スペックなのはわかるのですけど、センサー以外にも何か一本突き抜けた機能があればインパクトが違ったんじゃないかな、とも思います。

 

キサラギ的視点。こうだったらよかったのに。

 

Nikon、28mm、コンパクト。この三題噺で僕が思い出すのは「28Ti」。フィルムカメラ全盛期の高級コンパクトカメラです。きっと同じ感覚の方もいらっしゃるのではないかと思います。35Tiというスナップ向けの機種もあったのですがこの28Tiは今でもレアな1台。

medium_6755040869

photo credit : Yuwei via photopin cc

1990年代に開発された28Tiには本体上部に大きな指針式のメーターが付いているのが最大の特徴。セイコーが開発に参加している本格的なもので、操作をするとこの小さい針がまさに時計が秒を刻むように動くのがなんとも乙な仕様となっていました。

このデジカメ全盛期にNikonが高画質単焦点コンパクトを投入してくるなら、この辺りは意識していると思うんですよねえ。ですから変な期待ではあるのですが、もっと突飛なギミックがあっても良かったんじゃないかなと。(指針式を搭載しろとは言いませんけど、何かアナログな操作ができる部分があったらより面白そうだと思うんです。)最近の各メーカーが発売している高級機路線はどうしてもベクトルが同じ方向に行きがちでもあるのでどこかが冒険してくれないかなあ、という期待もあるのですが。(笑)

高級感ある仕上がりということですから現物を見ればまた感覚が違ってくるものかもしれません。

そんなcoolpix Aは今月下旬の発売予定だそうです。それでは今日はこのへんで。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

OLYMPUSがミラーレス一眼を購入の方にプレゼントキャンペーンを始めてますよ。

どうも。kisaragi_Virです。急に思い立って深夜更新などしてしまいました。

3月1日からOLYMPUSはOM-DやPENとその交換レンズを購入した方にお得な特典が付くキャンペーンを開始しています。

いっそのことキャッシュバックキャンペーンとかやってくれればいいのに。とか淡い期待をしていた時期もありましたがそうもいかないのでしょう。ということでまずはこちら。

 

オリンパス ニュースリリース:「OLYMPUS OM-D」「OLYMPUS PEN」「M.ZUIKO DIGITALレンズ」ご購入プレゼントキャンペーン

 

 

 

 

正確な内容は公式サイトを参照して頂くとして、簡単に内容を整理してみました。

 

カメラ本体(OM-D/ PEN)を買うと!

 

オリジナルのカメラバッグが貰えて、さらにOLYMPUSオリジナルの旅冊子「ことりっぷ」もついてきます。(これはなくなり次第終了。)

更にOM-Dを購入の方にはオンラインユーザー登録をすると「アルティザン&アーティスト」のストラップがもれなく貰えるダブル特典。(こっちは5月15日購入分まで。)

 

レンズ(2万円以上)を買うと!

 

 OM-Dを持っているか、PENを持っているかで変わるのですが、パワーバッテリーホルダー(OM-D向け)か電子ビューファインダーVF-3(PEN向け)が抽選でそれぞれ10名様に当たりますよ、っていう内容のようです。(こっちもユーザー登録は必須です。)

 

 

思えば去年もノベルティ付きのキャンペーンをやっていて、そのときは限定のミニチュアストラップをプレゼントしていました。今年はオリジナル感は少し弱いかもしれないですけどわりと豪華な内容だと思います。

今回特にオススメなのはM-D購入特典のストラップ。アルティザン製ですからね。普通に買っても結構しますしモノとしても実用的です。カッコいいですし。

 

プレミアムバッグに関してあれば便利かな、くらいの感じですけど(スミマセン。なんかデザインが今ひとつ好みではないのでテンションが上がらないのです。)付属のことりっぷは特製のものが入っているので持ってると話のタネにはなるのではないかと。(京都、沖縄、函館を特集してあるとのことですのでどこかは行けるヒトも多いでしょう。)

5月まで続くっていうことは少なくてもそこまではOM-Dは現行機として販売を続けるように見えますから、やはり4月の新商品発表があると噂されているのはPENの新型なのかなあ。と気になったりしていますが。今日はこのくらいで。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

電子ビューファインダーがぐっと見やすくなる?SONYの新機種の噂。

どうも。kisaragi_Virです。今日はすっかりと春の日差し。過ごしやすい一日でした。

 

ミラーレス上級機の置き換え来るか?

 

つい先日、SONYはNEXの新機種NEX-3Nを発表したばかりですが、早くも次の商品の噂が聞こえ始めています。その具体的な商品名はというと、、、「NEX-7N」らしいです。

NEX7といえばSONYのミラーレス機のなかでも上級モデルです。それが早ければ今年の4月にも新機種に入れ替わるのではないかとsonyalpharumorsは報じています。

 

(SR5)4月に発表される新しいNEX-7N。 新しい24メガピクセルのセンサーを使って! | sonyalpharumors

 

 

 

 

まだ噂だけですけどまとめてみましたよ。

同記事によるとNEX-7N用に今回新たに位相検出画素を持ったセンサーを開発して搭載しているとのこと。(画素数自体は2400万画素と据え置きではあるようですが。)

更に可能性の話ではあるのですが現行のNEX-7にある不満点として上がることの多い、ライブビューでの動画撮影の際に起こる発熱での実撮影時間が短くなる現象も、電子回路の再設計によりなくなるのではないかと書かれています。(これはそう感じるヒトが多いみたいですねえ。冬でもダメだっていうレビューを見ますからやはりセンサーの発熱にボディーが保たないと考えたほうが正解なのかも。)

ソースはないのですが外観はほぼ現行のNEX-7と変わらない模様。

それと今日入ってきた新しい噂ですが、液晶ビューファインダーが進化しているみたいです。NEX-7Nでは380万ドットという新しいファインダーを搭載しているとか。(現行の7Nで約235万ドット)大幅にキレイになった画面を楽しみにしてよさそうです。

 

(SR5)4月に発表される新しいNEX-7N。 新しい24メガピクセルのセンサーを使って! | sonyalpharumors

 

 

 

 

そう、4月といえば。

OLYMPUSも4月に新商品を投下する用意があるという噂があります。こちらはまだ具体的な機種名までは不明ですが、E-p5あたりが発表になるのでは?といわれています。SONYとOLYMPUSの新機種が争う展開になるということでしょうかねえ。いずれにしても楽しみな話です。ではでは。

 

おまけ。

記事を書いている途中でOLYMPUSがハイエンド機のE-7を出す?っていう噂も入ってきました。個人的には今更感があるのですが。何か面白い展開でもあればいいですね。

 

(FT4)信頼できるソース:確認のために来て、E-5後継。 | 43の噂

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

SONYがNEXの新型を来月に発売。NEX-3Nの仕様を確認しました。

どうも。@kisaragi_Virです。突然の大雪に春はまだかとぼやきたくなります。

SONYのミラーレス一眼のNEXに新機種が投入されることが国内でも正式に決定しました。商品名は「NEX-3N」位置づけとしては入門機にある「NEX-F3」の後継機になるみたいです。(F3は今だとかなり安く買えますからね。今回は後述しますが機能面はマイナーチェンジ感がありますので値段によってはF3狙いもありかもですよ。)

NEX-3N | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Eマウント] | ソニー

 

 

 

 

キサラギ的視点。3Nはここを見る?

ということで独断と偏見ですが抑えておきたいポイントを3つご紹介。

  1. まず、軽くなった。かなり大幅に。もともとF3で314gあったものを269gにまで落とし込んできたことは良い点です。女性ユーザーを意識して展開している感のあるこの手の機種では軽さは正義ですね。
  2. シャッターボタンの周りに電動ズームレンズ対応のズームレバーを搭載しています。これでほぼコンパクト機と同じような感覚で使う事ができるようになります。レンズに付いているズームレバーとどちらか好きな方で操作が可能です。
  3. 画質を決定する画像エンジン「BIONZ」は最新バージョンのものを搭載。これによって今までよりも暗いところで撮影しても写真にノイズが入りにくくなるとか。開けてみないとわからない部分ですが期待は大ですね。

スクリーンショット_13_02_25_21_11

液晶モニターが独特の動きをすることで、簡単に自分撮りができるところが面白いNEXシリーズですが今回の進化は少し控えめな感じがするかも。本当は撮影画像を独自に判断してNEXが自動でトリミングする機能とかを紹介すべきなんでしょうけど個人的に「余計なお世話」なんですよねえ。興味のある方は公式で確認してくださいw。

ソニー、ズームレバー搭載の低価格ミラーレス「NEX-3N」 -AV Watch

 

 

 

 

 
マイナスっぽいのはアンチダスト機能が省かれているらしい、という点でしょうか。そういう評価を付けてるのがこの記事が出てますからおそらくそうなんでしょう。その辺りはどのようにフォローしているのか。はたまたレンズ交換はデリケートになるのか。気になりますね。ではでは。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

OLYMPUS、一眼レフデジカメ開発を継続の模様。

どうも。kisaragi_Virです。

昨日あたりからOLYMPUSの経営改革がニュースになっています。

最近の円安効果でだいぶ持ち直してきていることと、得意の医療機器部門が安定していることで先行きは明るい素材が多いものの、どうしてもデジカメ部門の伸び悩みがネックになっているというのが現状であります。

 

オリンパス、一眼レフ事業を大幅縮小 デジカメ再建策 – 経済・マネー – ZAKZAK

そんななかに「一眼レフデジカメ事業の大幅縮小」というトピックが入っていたのですからOLYMPUSもついに思い切った判断をしてきたものかと僕も当初は考えたのですが、実際のところは少し違うようです。

実際、OLYMPUSが所有している一眼レフブランドのEシリーズはフラッグシップ機のE-5が発売から既に2年半が経とうとしていますし、それ以外の機種に関しては時間が経ちすぎているのが正直なところでしょう。

対してミラーレス機に関してはかなりの数を発表していますので、既にOLYMPUSは実質上はミラーレス機を主軸に展開していくメーカーとして進化してきたといえると思います。事実、去年のOM-Dなどは最新の技術を余す事無く投入した機種でヒットした良い例です。

対外的には売れ行きに疑問が残る一眼レフ部門を縮小してミラーレスに特化します、と宣言した方が大幅な改革がなされているようにも見えますし、システムを開発するにもシンプルにできるはずですから良いことのように感じるのですけど一眼レフ機の開発は続けるようです。

 

オリンパス、「デジタル一眼レフ大幅縮小」報道を否定 – ITmedia デジカメプラス

 

 

 

 

ただ、やはり赤字部門ということではあるので人員削減やコンパクト機の縮小などの対策はとられるということなので大変なことは変わりないはずですけど。

今年はPENの最新機種が登場する、というのは先日開催されたCP+でアナウンスされたのですけど、新しいEシリーズを近い将来に見る事はできるのでしょうか。

 

 

【CP+】オリンパスが「E-P3後継機」を2013年に発売すると発表

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

Canon EOS-Mがファームアップするかも。

どうも。kisaragi_Virです。まだまだ寒いですけどこんな日は熱々の湯豆腐で暖をとるに限ります。僕はポン酢派ですがみなさんはいかがでしょうか。

2012年の10月に発売されたCanonのミラーレス一眼、EOS-M。レンズアダプターが同梱されたキットで自社の豊富なレンズ群が気軽に利用できることと、レンズの手振れ補正機能の連動を強みに展開している商品ではありますが、これまでどうしてもAF速度が気になるという評価が付いて回ってきた機種です。

(AFが遅いのではなく迷いやすいので結果ピントが合わない時にイラつく、という表現をする方がいてナルホドそうだ、と膝を打ちそうになりましたが。)

そのモヤモヤ感から解放されるかもしれない、という噂がCanonrumorsから聞こえてきました。

 

近日発売のEOS Mファームウェア«キヤノンの噂

 

 

 

 

 

この記事によると早ければ2週間程度でAF速の問題を解決するファームウェアが公開されるのではないかとのこと。ただ、劇的に解決することを期待してはいけないようにも書いてありますのでそれなりに進化するのだろう、くらいの気持ちで待っていれば良いのではないかと思います。

あとはミラーレス機用の小型のズームレンズがいくつか出てくれればシステムとして安定するのでしょうけどね。それにはまだまだ時間がかかりそうです。今日はこのくらいで。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,