ホーム > かんがえたこと > 遂に登場!NikonのAPS-Cセンサー搭載コンパクトデジカメ。

遂に登場!NikonのAPS-Cセンサー搭載コンパクトデジカメ。

どうも。kisaragi_Virです。このあたりでも花粉症がぼちぼち体感できるようになってきて、春になるんだなあ、と切なくもあり嬉しくもありというところです。

さて、本日はNikonから面白い商品の発表がいくつかありました。中でもこれは面白そうだな、と思ったのがcoolpix A。Nikon初のAPS-Cセンサー搭載コンパクトデジカメです。

Nikon | ニュース | 報道資料:「COOLPIX」初のニコンDXフォーマットCMOSセンサー搭載「COOLPIX A」を発売

 

 

 

 

簡単に説明すれば、普通は一眼レフ機にしか搭載されていない大型のセンサーをコンパクト機の小さいボディに入れて撮影できるようにしてあるのがミソで、手軽に持ち運べて仕上がりも高画質というところがこの機種を選ぶときのポイントになります。

他社ですと既にSIGMAから発売されているDPシリーズやFUJIのX100S、SONYのR1などが同じようなコンセプトの商品といえるでしょう。どれも高画質な反面、ズーム非搭載のレンズですので使う場所、使うヒトを選ぶ玄人向けのカメラです。

マグネシウムを含む金属外装、外付スピードライト/GPSに対応(オプション)、新たに専用のアクセサリーも発売、と充実した内容ですけどお値段は約12万円くらいからのスタートみたいですから、普通に一眼レフ買えちゃう値段なんですよね。これ。

それでも高級一眼ユーザーのヒトなんかにはサブ機としていいね、なんていうはなしで売れちゃうんでしょう。そんな感じのカメラです。

全体的に高スペックなのはわかるのですけど、センサー以外にも何か一本突き抜けた機能があればインパクトが違ったんじゃないかな、とも思います。

 

キサラギ的視点。こうだったらよかったのに。

 

Nikon、28mm、コンパクト。この三題噺で僕が思い出すのは「28Ti」。フィルムカメラ全盛期の高級コンパクトカメラです。きっと同じ感覚の方もいらっしゃるのではないかと思います。35Tiというスナップ向けの機種もあったのですがこの28Tiは今でもレアな1台。

medium_6755040869

photo credit : Yuwei via photopin cc

1990年代に開発された28Tiには本体上部に大きな指針式のメーターが付いているのが最大の特徴。セイコーが開発に参加している本格的なもので、操作をするとこの小さい針がまさに時計が秒を刻むように動くのがなんとも乙な仕様となっていました。

このデジカメ全盛期にNikonが高画質単焦点コンパクトを投入してくるなら、この辺りは意識していると思うんですよねえ。ですから変な期待ではあるのですが、もっと突飛なギミックがあっても良かったんじゃないかなと。(指針式を搭載しろとは言いませんけど、何かアナログな操作ができる部分があったらより面白そうだと思うんです。)最近の各メーカーが発売している高級機路線はどうしてもベクトルが同じ方向に行きがちでもあるのでどこかが冒険してくれないかなあ、という期待もあるのですが。(笑)

高級感ある仕上がりということですから現物を見ればまた感覚が違ってくるものかもしれません。

そんなcoolpix Aは今月下旬の発売予定だそうです。それでは今日はこのへんで。

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。