ホーム > まなんだこと > NikonがD7100を発表。どこが良くなったかをざっくりチェック。

NikonがD7100を発表。どこが良くなったかをざっくりチェック。

どうも。飲み会明けにはヘパリーゼが必須な@kisaragi_Virです。昨日はNikonから話題になりそうな新機種が発表されましたので、その内容を簡単にチェックしましたよ。

 

APS-Cセンサーの上級機 D7100。3月に発売。

 

D7100 | ニコンイメージング

今のところ、Nikonは実質D7000がAPS-Cセンサー搭載の機種では一番上のグレード、ということになるのですけど、いかんせん発売から相当時間が経っていることもあって性能面では下位のモデルに負ける部分もあります。それが今回発表されたD7100では全体的に性能面の向上が計られているので上級機にふさわしい内容になったようです。

(意外にもD7000も平行で販売されるようです。ひょっとして更に安くなるのか?)

 

キサラギ的視点。ここが面白そう。

 

ということでどこが凄くなったの?というところを3つご紹介。

  1. 撮像素子が最新の2410万画素。その上、解像度がグンと上がるローパスフィルター非搭載設計になっているので画質面は一気に向上するはずです。クロスセンサーも15点に増えているのでピント合わせの性能もより正確に。
  2. 「対DX1.3×クロップ」という新機能を搭載。要は装着しているレンズの望遠性能を1.3倍アップできるということ。(ただし記録画素数は1540万画素に落ちることと、ファインダー上では黒い枠が表示されるのでその中で収めるように撮影しなければならないはずですけど。)
  3. 背面液晶に新たな規格のものを採用しているみたいです。RGBWという方式で、新たに白色の発光をする画素が入れられているので見やすくなっているとのこと。これはぜひ一度現物を見てみたいですね。

 

それ以外に良くなっている!というなかで多少マニアックなところだと、D7000にはなかったミラーバランサーを搭載してきているので連続撮影なんかをしても安定したAF性能を発揮してくれて頼りになるでしょう。

 

D7000も良くできた機械ですけど、堅実に進化したモデルを出してきた感じですね。スキなく、手堅く、ほんのちょっとだけ軽くできてます。発売が楽しみですね。ではでは。

広告
カテゴリー:まなんだこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。