ホーム > かんがえたこと > OLYMPUS、一眼レフデジカメ開発を継続の模様。

OLYMPUS、一眼レフデジカメ開発を継続の模様。

どうも。kisaragi_Virです。

昨日あたりからOLYMPUSの経営改革がニュースになっています。

最近の円安効果でだいぶ持ち直してきていることと、得意の医療機器部門が安定していることで先行きは明るい素材が多いものの、どうしてもデジカメ部門の伸び悩みがネックになっているというのが現状であります。

 

オリンパス、一眼レフ事業を大幅縮小 デジカメ再建策 – 経済・マネー – ZAKZAK

そんななかに「一眼レフデジカメ事業の大幅縮小」というトピックが入っていたのですからOLYMPUSもついに思い切った判断をしてきたものかと僕も当初は考えたのですが、実際のところは少し違うようです。

実際、OLYMPUSが所有している一眼レフブランドのEシリーズはフラッグシップ機のE-5が発売から既に2年半が経とうとしていますし、それ以外の機種に関しては時間が経ちすぎているのが正直なところでしょう。

対してミラーレス機に関してはかなりの数を発表していますので、既にOLYMPUSは実質上はミラーレス機を主軸に展開していくメーカーとして進化してきたといえると思います。事実、去年のOM-Dなどは最新の技術を余す事無く投入した機種でヒットした良い例です。

対外的には売れ行きに疑問が残る一眼レフ部門を縮小してミラーレスに特化します、と宣言した方が大幅な改革がなされているようにも見えますし、システムを開発するにもシンプルにできるはずですから良いことのように感じるのですけど一眼レフ機の開発は続けるようです。

 

オリンパス、「デジタル一眼レフ大幅縮小」報道を否定 – ITmedia デジカメプラス

 

 

 

 

ただ、やはり赤字部門ということではあるので人員削減やコンパクト機の縮小などの対策はとられるということなので大変なことは変わりないはずですけど。

今年はPENの最新機種が登場する、というのは先日開催されたCP+でアナウンスされたのですけど、新しいEシリーズを近い将来に見る事はできるのでしょうか。

 

 

【CP+】オリンパスが「E-P3後継機」を2013年に発売すると発表

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。