ホーム > かんがえたこと > 今更ですがnanacoカードを作ってみました。

今更ですがnanacoカードを作ってみました。

どうも。kisaragi_Virです。最近は光り物の寿司がやたらと美味く感じます。いつかはどこぞの本場でキチンとしたものを食べてみたいものです。

 

今回はホントに今更感のあるハナシで恐縮なのですが、セブン&アイHLDGSが展開する電子マネーのnanacoを作って参りました、というそれだけのことなのですが。

 

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : トップページ

 

 

 

 

 

少し前まで僕の職場近くを取り巻くコンビニ勢力はFamilyMartが最短距離に位置してたのでTSUTAYAのTカードにポイントを貯めるくらいのことを目的に利用していたのですけど、そのファミマが儲かったのか改装して使いにくい場所に移転してしまったのです。

その代わりにセブンイレブンが至近距離に接近するように開店したのでしばらくはそこを利用していたのですがセブンイレブン用に新しくポイントカードを作る気にもならなかったので普通にお会計だけをしていました。

元来、財布のなかにポイントカードをぎっしり詰めるスタイルが僕は嫌いで、できるだけ少ない枚数で抑えたいと常日頃整理していたことがあって、nanacoも見えてはいたのだけど意識をしていなかった時間が長いということになると思います。

 

 

今更ながらのnanacoのメリットを3つ。

 

  • 店舗で簡単発行、即現金チャージが可能。
  • ポイント付与率が高い商品もけっこうある。
  • ポイント加盟店が多い。

最初の発行手続きは本当に簡単です。名前と生年月日、電話番号などの簡単な情報を記入して手数料の300円だけ支払えばすぐに使えるようになります。発行してその場ですぐに現金をチャージできますのでまさにあっという間です。

ポイント付与率に関してはセブンイレブンなんかでよく見るキリンのマスコットが貼ってある商品を買うと○○ポイント追加!みたいなPOPが付いているのでわかりやすいかと思います。通常は100円ごとに1ポイント。(1ポイント1円換算)ですけど結構高いポイントが付く商品があるので点数はたまりやすいのではないでしょうか。

最後のポイント加盟店に関しては地域によって出店状況が異なりますから一概には言えないハナシなのですが、僕が住んでいる福島はヨークベニマルというスーパーの本社がありまして県内に大量に出店しております。(南東北はベニマル、関東はヨークマートと名前が少し違うようですけど。)使える店舗が多いのは大きなメリットです。

普段から電車通勤の方なんかはSuicaなどを利用しているのでしょうけど、地方でもその場所に適したサービスがあるということは覚えておいて損がない話ですね。

 

そこから更に期待している副作用。

 

まあ、nanacoに限った話ではないのですが、この手の電子マネーを利用して得られる恩恵というと大げさになってしまいますけど。

  • レジで滞留する時間が短くなる。➡忙しい朝もスピーディーに。
  • 小銭を持つ必要が少なくなる。➡財布の軽量化ができる。
  • 月の上限金額を決めて入金できる➡使い過ぎの防止に。

といった良い効果が期待できるのではないかと思います。しばらく使ってみてどんな感じになるかやってみますがいろいろと楽しみです。

広告
カテゴリー:かんがえたこと
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。