アーカイブ

Archive for 2013年2月

電子ビューファインダーがぐっと見やすくなる?SONYの新機種の噂。

どうも。kisaragi_Virです。今日はすっかりと春の日差し。過ごしやすい一日でした。

 

ミラーレス上級機の置き換え来るか?

 

つい先日、SONYはNEXの新機種NEX-3Nを発表したばかりですが、早くも次の商品の噂が聞こえ始めています。その具体的な商品名はというと、、、「NEX-7N」らしいです。

NEX7といえばSONYのミラーレス機のなかでも上級モデルです。それが早ければ今年の4月にも新機種に入れ替わるのではないかとsonyalpharumorsは報じています。

 

(SR5)4月に発表される新しいNEX-7N。 新しい24メガピクセルのセンサーを使って! | sonyalpharumors

 

 

 

 

まだ噂だけですけどまとめてみましたよ。

同記事によるとNEX-7N用に今回新たに位相検出画素を持ったセンサーを開発して搭載しているとのこと。(画素数自体は2400万画素と据え置きではあるようですが。)

更に可能性の話ではあるのですが現行のNEX-7にある不満点として上がることの多い、ライブビューでの動画撮影の際に起こる発熱での実撮影時間が短くなる現象も、電子回路の再設計によりなくなるのではないかと書かれています。(これはそう感じるヒトが多いみたいですねえ。冬でもダメだっていうレビューを見ますからやはりセンサーの発熱にボディーが保たないと考えたほうが正解なのかも。)

ソースはないのですが外観はほぼ現行のNEX-7と変わらない模様。

それと今日入ってきた新しい噂ですが、液晶ビューファインダーが進化しているみたいです。NEX-7Nでは380万ドットという新しいファインダーを搭載しているとか。(現行の7Nで約235万ドット)大幅にキレイになった画面を楽しみにしてよさそうです。

 

(SR5)4月に発表される新しいNEX-7N。 新しい24メガピクセルのセンサーを使って! | sonyalpharumors

 

 

 

 

そう、4月といえば。

OLYMPUSも4月に新商品を投下する用意があるという噂があります。こちらはまだ具体的な機種名までは不明ですが、E-p5あたりが発表になるのでは?といわれています。SONYとOLYMPUSの新機種が争う展開になるということでしょうかねえ。いずれにしても楽しみな話です。ではでは。

 

おまけ。

記事を書いている途中でOLYMPUSがハイエンド機のE-7を出す?っていう噂も入ってきました。個人的には今更感があるのですが。何か面白い展開でもあればいいですね。

 

(FT4)信頼できるソース:確認のために来て、E-5後継。 | 43の噂

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

SONYがNEXの新型を来月に発売。NEX-3Nの仕様を確認しました。

どうも。@kisaragi_Virです。突然の大雪に春はまだかとぼやきたくなります。

SONYのミラーレス一眼のNEXに新機種が投入されることが国内でも正式に決定しました。商品名は「NEX-3N」位置づけとしては入門機にある「NEX-F3」の後継機になるみたいです。(F3は今だとかなり安く買えますからね。今回は後述しますが機能面はマイナーチェンジ感がありますので値段によってはF3狙いもありかもですよ。)

NEX-3N | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)[Eマウント] | ソニー

 

 

 

 

キサラギ的視点。3Nはここを見る?

ということで独断と偏見ですが抑えておきたいポイントを3つご紹介。

  1. まず、軽くなった。かなり大幅に。もともとF3で314gあったものを269gにまで落とし込んできたことは良い点です。女性ユーザーを意識して展開している感のあるこの手の機種では軽さは正義ですね。
  2. シャッターボタンの周りに電動ズームレンズ対応のズームレバーを搭載しています。これでほぼコンパクト機と同じような感覚で使う事ができるようになります。レンズに付いているズームレバーとどちらか好きな方で操作が可能です。
  3. 画質を決定する画像エンジン「BIONZ」は最新バージョンのものを搭載。これによって今までよりも暗いところで撮影しても写真にノイズが入りにくくなるとか。開けてみないとわからない部分ですが期待は大ですね。

スクリーンショット_13_02_25_21_11

液晶モニターが独特の動きをすることで、簡単に自分撮りができるところが面白いNEXシリーズですが今回の進化は少し控えめな感じがするかも。本当は撮影画像を独自に判断してNEXが自動でトリミングする機能とかを紹介すべきなんでしょうけど個人的に「余計なお世話」なんですよねえ。興味のある方は公式で確認してくださいw。

ソニー、ズームレバー搭載の低価格ミラーレス「NEX-3N」 -AV Watch

 

 

 

 

 
マイナスっぽいのはアンチダスト機能が省かれているらしい、という点でしょうか。そういう評価を付けてるのがこの記事が出てますからおそらくそうなんでしょう。その辺りはどのようにフォローしているのか。はたまたレンズ交換はデリケートになるのか。気になりますね。ではでは。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

NikonがD7100を発表。どこが良くなったかをざっくりチェック。

どうも。飲み会明けにはヘパリーゼが必須な@kisaragi_Virです。昨日はNikonから話題になりそうな新機種が発表されましたので、その内容を簡単にチェックしましたよ。

 

APS-Cセンサーの上級機 D7100。3月に発売。

 

D7100 | ニコンイメージング

今のところ、Nikonは実質D7000がAPS-Cセンサー搭載の機種では一番上のグレード、ということになるのですけど、いかんせん発売から相当時間が経っていることもあって性能面では下位のモデルに負ける部分もあります。それが今回発表されたD7100では全体的に性能面の向上が計られているので上級機にふさわしい内容になったようです。

(意外にもD7000も平行で販売されるようです。ひょっとして更に安くなるのか?)

 

キサラギ的視点。ここが面白そう。

 

ということでどこが凄くなったの?というところを3つご紹介。

  1. 撮像素子が最新の2410万画素。その上、解像度がグンと上がるローパスフィルター非搭載設計になっているので画質面は一気に向上するはずです。クロスセンサーも15点に増えているのでピント合わせの性能もより正確に。
  2. 「対DX1.3×クロップ」という新機能を搭載。要は装着しているレンズの望遠性能を1.3倍アップできるということ。(ただし記録画素数は1540万画素に落ちることと、ファインダー上では黒い枠が表示されるのでその中で収めるように撮影しなければならないはずですけど。)
  3. 背面液晶に新たな規格のものを採用しているみたいです。RGBWという方式で、新たに白色の発光をする画素が入れられているので見やすくなっているとのこと。これはぜひ一度現物を見てみたいですね。

 

それ以外に良くなっている!というなかで多少マニアックなところだと、D7000にはなかったミラーバランサーを搭載してきているので連続撮影なんかをしても安定したAF性能を発揮してくれて頼りになるでしょう。

 

D7000も良くできた機械ですけど、堅実に進化したモデルを出してきた感じですね。スキなく、手堅く、ほんのちょっとだけ軽くできてます。発売が楽しみですね。ではでは。

カテゴリー:まなんだこと タグ: ,

第7回つながるカンファレンスに参加してきました。

2013/02/21 1件のコメント

どうも。東北の住人、@kisaragi_Virです。

つい先日のお話になりますが、少し足を伸ばして東京まで出かけて参りました。

@haya1111さんが主宰する個人の情報発信とつながりをテーマしたセミナー、つながるカンファレンスでお話を聞かせて頂くことと、新しい何かを掴んで持ち帰るためです。

 

2月17日 第四回つながるカンファレンス(東京都)

これまでの僕は仕事に重心を置きすぎていて、自分の事でブログやSNSを書くといったことに興味を失いかけていた部分がありました。しかし、去年の仙台編に参加させて頂いてから大きく意識が変わったのではないかと自覚しております。

それがきっかけでもあるのですが、一度は東京編にも参加して新たな出会いや発見を得ることができればいいなと考えていたので、スケジュールが合った今回は絶好のチャンスだったのです。

 

ばんかさんのテーマ講演。

@bamka_tさんが「つながりとは何か」というテーマでお話してくださったプレゼンはシンプルに無駄なくまとまっていてとてもわかりやすかったですし、個人がつながっている他人との環境からどのように形成されて変化していくかというプロセスも共感が持てました。

知らない人間同士がつながることって難しいことのようにも思えるのですが、しっかりと自分の得意なポイントを生かして会話に参加する。そこから始めればきっと遠い道のりではない。そんな気にさせて頂ける内容でした。

それにばんかさんのお話がとても落ち着いたトーンでお上手なのは流石ですねえ。メモを取りながら拝聴していたのですけど書くテンポにも丁度良いというか、なんというか絶妙なものがあって終わった後からメモを見たときにも感心してしまいました。

 

はまさんのワークショップ

@Surf Fishさんのワークショップは、自身が達成したい目標に向けてのロードマップ作りということでとても実践的な内容。どんどん具体的なアクションに落とし込むことによって目標の実現化をはっきりとイメージしやすくなる感じでしょうか。

ロードマップ作り自体は難しいことはないのですけど制限時間が付いていると僕は少し慌ててしまうところがあってドギマギしてしまいましたw。これは自宅でもう一度ゆっくりと向き合って見る時間を作ってみようと思います。

ちなみに僕は現在の目標として「今よりもより思い通りにブログを作れるようになりたい」ので具体的な行動として「wordpressのスキルを向上させたい」です。「レンタルサーバーの取得なども3月中にやりたいな。」と考えているところです。

講師のはまさんはハットの似合うジェントルな感じの方でした。お話する時間があまりなかったのでまた機会がございましたらぜひいろいろと聞いてみたいです。

 

Jさんの基調講演も楽しい。

もちろん、@Jmatsuzakiさんの講演も忘れてはなりません。聴衆の心を一気にアップルパイワールドに引きずり込む独特の世界観は今回も健在で笑ってみたり考えさせられたりと刺激が多いお話でした。きっと普段は一生懸命話すことを考えているんだと思います。

 

ライトニングトーク&質疑応答

有志の方々による短いプレゼン。ライトニングトークはみなさんお上手で口べたな方の僕には憧れてしまうものがありましたが、いつこういう機会があるのかわからないのだから、常に準備をしておくこと。と言われるとなるほど、と思うことも。アイスブレイクの際の自己紹介も含めて自分の情報をストックしておけば次回はより落ち着いて場にのぞむことができそうです。

質疑応答のなかで僕が新たな興味を持ったのは「モブログ」環境のこと。「書きたいと思った瞬間に書き出せる環境」というのが大事だと言われるとまさにその通りだと。今は完全にMacbook airで書いているのですがそれをiPhoneなりiPadでもできるようにしておけばどこでも更新できるようになるわけですから設定しておくにこしたことはないでしょう。

そして「5分書く」または「一行書く」という感じで思いついたワンセンテンスをその場で記録する習慣をつけるのがおすすめだということです。僕はまだするぷろを使ったことがないので一度チャレンジしてみようかなあ。

 

カンファレンスの後も懇親会に参加させて頂きまして最後まで楽しい時間を過ごさせて頂きました。思えば結構長い時間いたはずなのですがあっという間に時間が過ぎていってしまいましたね。楽しい時間ほど早く感じてしまうものです。

 

 

最後にスペシャルサンクスを。

 

つながるカンファレンス運営のみなさま。

同じグループでご一緒させていただいた、

@Sunnychild1さん、@ruu_emboさん、@yukke1006さん。

懇親会でお世話になりました奥野組のみなさま。

dpubの期間の最中に名刺を作って下さった前川印刷さん。

ありがとうございました。感謝感謝でございます。

カテゴリー:まなんだこと

OLYMPUS、一眼レフデジカメ開発を継続の模様。

どうも。kisaragi_Virです。

昨日あたりからOLYMPUSの経営改革がニュースになっています。

最近の円安効果でだいぶ持ち直してきていることと、得意の医療機器部門が安定していることで先行きは明るい素材が多いものの、どうしてもデジカメ部門の伸び悩みがネックになっているというのが現状であります。

 

オリンパス、一眼レフ事業を大幅縮小 デジカメ再建策 – 経済・マネー – ZAKZAK

そんななかに「一眼レフデジカメ事業の大幅縮小」というトピックが入っていたのですからOLYMPUSもついに思い切った判断をしてきたものかと僕も当初は考えたのですが、実際のところは少し違うようです。

実際、OLYMPUSが所有している一眼レフブランドのEシリーズはフラッグシップ機のE-5が発売から既に2年半が経とうとしていますし、それ以外の機種に関しては時間が経ちすぎているのが正直なところでしょう。

対してミラーレス機に関してはかなりの数を発表していますので、既にOLYMPUSは実質上はミラーレス機を主軸に展開していくメーカーとして進化してきたといえると思います。事実、去年のOM-Dなどは最新の技術を余す事無く投入した機種でヒットした良い例です。

対外的には売れ行きに疑問が残る一眼レフ部門を縮小してミラーレスに特化します、と宣言した方が大幅な改革がなされているようにも見えますし、システムを開発するにもシンプルにできるはずですから良いことのように感じるのですけど一眼レフ機の開発は続けるようです。

 

オリンパス、「デジタル一眼レフ大幅縮小」報道を否定 – ITmedia デジカメプラス

 

 

 

 

ただ、やはり赤字部門ということではあるので人員削減やコンパクト機の縮小などの対策はとられるということなので大変なことは変わりないはずですけど。

今年はPENの最新機種が登場する、というのは先日開催されたCP+でアナウンスされたのですけど、新しいEシリーズを近い将来に見る事はできるのでしょうか。

 

 

【CP+】オリンパスが「E-P3後継機」を2013年に発売すると発表

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

Canon EOS-Mがファームアップするかも。

どうも。kisaragi_Virです。まだまだ寒いですけどこんな日は熱々の湯豆腐で暖をとるに限ります。僕はポン酢派ですがみなさんはいかがでしょうか。

2012年の10月に発売されたCanonのミラーレス一眼、EOS-M。レンズアダプターが同梱されたキットで自社の豊富なレンズ群が気軽に利用できることと、レンズの手振れ補正機能の連動を強みに展開している商品ではありますが、これまでどうしてもAF速度が気になるという評価が付いて回ってきた機種です。

(AFが遅いのではなく迷いやすいので結果ピントが合わない時にイラつく、という表現をする方がいてナルホドそうだ、と膝を打ちそうになりましたが。)

そのモヤモヤ感から解放されるかもしれない、という噂がCanonrumorsから聞こえてきました。

 

近日発売のEOS Mファームウェア«キヤノンの噂

 

 

 

 

 

この記事によると早ければ2週間程度でAF速の問題を解決するファームウェアが公開されるのではないかとのこと。ただ、劇的に解決することを期待してはいけないようにも書いてありますのでそれなりに進化するのだろう、くらいの気持ちで待っていれば良いのではないかと思います。

あとはミラーレス機用の小型のズームレンズがいくつか出てくれればシステムとして安定するのでしょうけどね。それにはまだまだ時間がかかりそうです。今日はこのくらいで。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

今更ですがnanacoカードを作ってみました。

どうも。kisaragi_Virです。最近は光り物の寿司がやたらと美味く感じます。いつかはどこぞの本場でキチンとしたものを食べてみたいものです。

 

今回はホントに今更感のあるハナシで恐縮なのですが、セブン&アイHLDGSが展開する電子マネーのnanacoを作って参りました、というそれだけのことなのですが。

 

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : トップページ

 

 

 

 

 

少し前まで僕の職場近くを取り巻くコンビニ勢力はFamilyMartが最短距離に位置してたのでTSUTAYAのTカードにポイントを貯めるくらいのことを目的に利用していたのですけど、そのファミマが儲かったのか改装して使いにくい場所に移転してしまったのです。

その代わりにセブンイレブンが至近距離に接近するように開店したのでしばらくはそこを利用していたのですがセブンイレブン用に新しくポイントカードを作る気にもならなかったので普通にお会計だけをしていました。

元来、財布のなかにポイントカードをぎっしり詰めるスタイルが僕は嫌いで、できるだけ少ない枚数で抑えたいと常日頃整理していたことがあって、nanacoも見えてはいたのだけど意識をしていなかった時間が長いということになると思います。

 

 

今更ながらのnanacoのメリットを3つ。

 

  • 店舗で簡単発行、即現金チャージが可能。
  • ポイント付与率が高い商品もけっこうある。
  • ポイント加盟店が多い。

最初の発行手続きは本当に簡単です。名前と生年月日、電話番号などの簡単な情報を記入して手数料の300円だけ支払えばすぐに使えるようになります。発行してその場ですぐに現金をチャージできますのでまさにあっという間です。

ポイント付与率に関してはセブンイレブンなんかでよく見るキリンのマスコットが貼ってある商品を買うと○○ポイント追加!みたいなPOPが付いているのでわかりやすいかと思います。通常は100円ごとに1ポイント。(1ポイント1円換算)ですけど結構高いポイントが付く商品があるので点数はたまりやすいのではないでしょうか。

最後のポイント加盟店に関しては地域によって出店状況が異なりますから一概には言えないハナシなのですが、僕が住んでいる福島はヨークベニマルというスーパーの本社がありまして県内に大量に出店しております。(南東北はベニマル、関東はヨークマートと名前が少し違うようですけど。)使える店舗が多いのは大きなメリットです。

普段から電車通勤の方なんかはSuicaなどを利用しているのでしょうけど、地方でもその場所に適したサービスがあるということは覚えておいて損がない話ですね。

 

そこから更に期待している副作用。

 

まあ、nanacoに限った話ではないのですが、この手の電子マネーを利用して得られる恩恵というと大げさになってしまいますけど。

  • レジで滞留する時間が短くなる。➡忙しい朝もスピーディーに。
  • 小銭を持つ必要が少なくなる。➡財布の軽量化ができる。
  • 月の上限金額を決めて入金できる➡使い過ぎの防止に。

といった良い効果が期待できるのではないかと思います。しばらく使ってみてどんな感じになるかやってみますがいろいろと楽しみです。

カテゴリー:かんがえたこと