ホーム > かんがえたこと > CES発、僕の気になったカメラ。(Canonの巻)

CES発、僕の気になったカメラ。(Canonの巻)

どうも。焼き鳥はつくね串が最近のマイブームな@kisaragi_Virです。今日はCanonが発表した異色なカメラのことをすこしばかり。

コンパクト機の未来のカタチ?Powershot N。

とまあ書き出してみましたが、正直この手の斬新なモデルが一般にどのくらい評価されるのかというとまさに未知数です。まずは画像をご覧頂いた方がいいですね。

highres-PowerShot-N-WHITE-FSL_1357569202

highres-PowerShot-N-WHITE-REV_1357569231

 

 

まずは斬新なインターフェースを評価すべき。

 

シャッターボタンもなければズームレバーもないのですが、レンズ周りにある二重リングを使って回すor押し込むことによってズーム/レリーズの操作が可能らしいです。撮影する際の向きを縦位置とか横位置とかこだわらない潔さがある、ということなのだと思います。

背面の液晶画面はタッチパネルになっているので操作性は確保されている上、最近の機種に多くなってきたwi-fi対応もされているのでワイヤレスでSNSに画像をアップロードできるのもこのデザインには合っているのではないでしょうか。

8倍ズーム、フルHD動画対応、手振れ補正有、とカメラとしての基本性能を抑えるところはキチンとおさえているので使って不自由することはないでしょう。

 

米キヤノン、斬新なデザインと操作性の小型デジカメ「PowerShot N」 – デジタル – 日経トレンディネット

 

 

果たして使いやすさとイコールか?

 

ここは使うスタンスによって評価が分かれると思います。コンセプトとしても普段から身につけるアクセサリー感覚な部分があったり、SNS対応に特化したモデルに見える感じもありますから、普段からスマホを使っているユーザーにワンランク上の画質をっていう販促でいくならありだと思います。逆にカメラ撮影がメインのユーザーには受け入れられにくそうな気が致します。おそらく構えにくいように思われるでしょうし、アイレベルでの撮影はなんか難しそうです。まあ、実際に触ってみないとなんとも言えませんけどね。

 

wi-fiの恩恵と今後の課題。

 

最近のSNS対応の要として徐々に普及が進んでいるwi-fiですが、いいことばかりでもないのが実際のところ。これを使うとバッテリーの消費が激しいというのが今のところ大きなデメリットになっています。これは一眼レフデジカメのような大容量バッテリーでも持たないわけですからコンパクト機に関しても推して知るべしというところ。Powershot Nを現地でレビューした記事をいくつか見たのですが、やはりバッテリーの持ちがやや不安という意見は出ていましたね。

と、いろいろと想像をかき立てられる機種ではありますが今のところ日本での発売予定は未定とのこと。アメリカでは4月に発売らしいです。これが家電店の店頭に並んだときにどのような評価を受けるのかがとても興味があるところです。では今日はこのくらいで。

広告
カテゴリー:かんがえたこと
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。