ホーム > かんがえたこと > 本日開幕、CES発の僕が気になったカメラ。(FujiFilmの巻)

本日開幕、CES発の僕が気になったカメラ。(FujiFilmの巻)

どうも。職場の空気が乾燥していて少ししんどい@kisaragi_Virでございます。今日から国際家電見本ショー(CES)がスタートしておりまして色々と面白い話題が入ってきてますね。

 

今日は富士フィルムが発表したデジカメのなかでも特に注目されているであろうプレミアムコンパクトカメラ2台に興味がありましたのでそのことを調べていました。

 

1.Fujifilm X100S :APS単焦点コンパクトの進化。

 

X100S | FUJIFILM

 

 

 

 

 

2011年の2月に発売されたX100の後継機として遂に正式にそのヴェールを脱いだx100s。光学的な基本スペックは変わらないものの、従来機よりも高速になったというAFには注目。(X100よりも3倍は早く合焦するらしいのでこれは期待してよいのでは?)⬅赤く塗ったわけではありませんw。

更にX100の特徴でもある光学-電子ファインダーの切り替え機能にも一工夫されていて、「スプリットイメージ」と呼ばれるあらたなシステムを搭載。MFで撮影する時にまるでアナログなフィルムカメラでピントを合わせるような使い方ができる機能が追加されたのは面白いと思います。電子ファインダー時に液晶中央部が拡大表示されて微調整がしやすくなっているのが前のX100よりも進化した点。最新の技術を投入してアナログ機の使いやすさを再現しようとしているあたりがなんとも良い感じです。

それと235万画素という新たな液晶ファインダー。これはぜひ一度実物を見てみたいものです。(OM-DやGH3よりもスペックデータでは高解像度なのですから凄いのではないかと。)

X100に比べて大幅な変更はないものの堅実にバージョンを上げてきた感はあります。実売は13万円くらいからのスタートということらしいですよ。

 

 

2.Fujifilm X20 : マニュアルズームコンパクトの進化。

 

X20 | FUJIFILM

 

 

 

 

 

こちらは2011年の11月に発売されたX10の後継機。当時もX100が使い手を選ぶ単焦点であることと、APSセンサー搭載機であることでかなり高価な商品だったこともあり、その半値程度で手に入って使いやすいズームレンスを搭載していてなおかつ金属削りだしの気合が入った鏡筒を採用したX10は価格帯を考えるととてもヒットした機種といえると思います。

今回発表されたX20はX100s同様AFの高速化は勿論、進化してはいるのですけど最も特徴的なのは新開発されたファインダーということになりそうです。

「アドバンスト光学ファインダー」と名付けられた新しい機能は、光学ファインダーの画面上にピントの合焦位置や様々な撮影データがわかるデジタル表示を可能にした点がポイントになっているようで、これによりファインダーから視線を外してディスプレイの情報を確認する手間がぐっと減り、撮影に集中できるというのが良さげなところです。

カラーもX10はブラック一色でしたがX20はブラックとシルバーの2色が用意されているのでそのあたりも好みで選べるようになってます。

価格は7万円台からのスタートとこれもX10とほぼ同様の金額帯から始まりそうです。

どちらも2月の発売予定とのことですのでもうすぐお目見えです。どんな仕上がりになっているのか見るのが楽しみですねえ。それでは今日はこのあたりで〜。

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。