ホーム > かんがえたこと > いろいろあった2012年を振り返ってみました。

いろいろあった2012年を振り返ってみました。

一年が過ぎるのがあっという間。近年の僕がわりと多く口にしていた言葉だってのではないかと思います。この手の感覚は、同じ習慣の連続によって体が慣れてくると体内時間を短く感じるためだとどこかで聞いたことがあります。そういった意味で、今年は一年を長く感じた年ではなかったかと思います。あ、どうも。@kisaragi_Virです。

今日は今年の振り返りということで色々考えたのですが、大きかった変化を3つにしぼって書いてみようかと。そういう企画です。

medium_2355216100

photo credit :photopin Via matt hintsa

 

ネット上の立ち位置を変えたことによる変化。

今年はいままでネットの傍観者だった僕が何かを発信しようとしたきっかけの年ということになると思います。何事にも仕事を中心に置いてやってきたここしばらくの生活に疑問を感じたこともあるのですが、自分が楽しんでできることをより一つでも多く、しかも役に立つことがある可能性のあることをするべきだろうと思って始めたことです。

それまでは続ける自信がなかったTwitterに参加し始めたのが7月のはなしですからまだ半年とたっていないのですけど、随分ながいことやってるような感覚になるのは面白い結果ですね。そして今は情報ソースの多くがこのTwitter関係だったりします。元々使っていたRSSリーダー系のアプリと合わせることによりテレビ、新聞、雑誌等にかける時間が本当に少なくなったというのが時間を有効に使うことができた一つのポイントだといえます。これによってできた時間をどのように有効に使うかは今後しばらく考える紆余曲折すると思いますが。

 

 

セミナー、オフ会に参加したことによる変化。

これも人生初の出来事でした。それまでに参加しようと思ったこともなかったのですが、やはりネット上で語られることの多くは実際に参加しないと楽しさが伝わってこない部分もあったりすることと、この時期にはブログというものを視野に入れて考えていたのでそのノウハウを学ぶ絶好の機会であるとこの時の僕は考えていました。

いざ、実際に参加した結果得たもの。それは技術論ではなくて情熱論だと僕には思えました。どのようにやればうまくいくか、というよりもやり続けることに結果は付いてくる。そこに義務感を感じるのではなく、達成感を味わう為に書く事を日常化する術を教えて頂いたように今の僕には感じられます。

そして、実際に同じセミナーで出会った方々とお話させて頂いたり、お食事させて頂いたことというのは単に楽しいイベントというだけではなく、いろいろな「気づき」を僕に与えてくれました。お会いした方々には感謝の言葉しかありません。

 

アシタノレシピ -明日を楽しくするレシピ集-

 

 

 

 

 

体を動かすことを始めたという変化。

いままで僕は体を動かすスポーツを能動的に選んだことはありません。皆無でした。新しい習慣を得る事、時間を有効に使う事、これらを考えて多少なりともカタチになってきたときに、僕が次の挑戦として取り組んだのが「カラダづくり」でした。友人の紹介があったことが直接のきっかけではあるのですが、今は週に2回ほどボルダリングと呼ばれるクライミングの一種をジムで始めました。

最初は長い事動かしていなかった筋肉が鬼のように悲鳴をあげて挫折しかけましたが、最近はそういったこともなく淡々と課題を落とすことに楽しさを覚えております。同時に食事に気を使うようになったのは副産物的ではありますが、新しいとても良い習慣です。

 

medium_3330790566

 

photo credit photopin Via linquene

(ボルダリング自体がカラダ一つあれば用意する道具があまり必要なかったりするコストの低さも魅力だったりはするのですけど。)

さて、2012年もこの記事を書いている間に残り時間が減っているわけですが、新しい一年へのカウントダウンでもあるわけですから、更なるワクワク感が僕を待っています。そのためのプランがいくつか見えていますし、そこにいくための手段もあります。ということでさようなら2012年。おいでませ2013年!皆様良いお年をお迎えくださ〜い!

 

 

 

 

 

 

 

って最後の最後ですけど、昨日の記事に書いてた僕の2012年イチオシのコンパクトデジカメだけ発表しておきます。

今年輝いていたコンパクト機部門。

SONY RX100

DSC-RX100 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

 

 

 

 

センサーを供給しているSONYならではの強さ。大型のセンサーをコンパクト機に搭載させていてなおかつサイズをさほど大きくせずにおさまっています。液晶画面の鮮明さ、解像力にも定評がある上にレンズも解放f1.8。向かうところ敵なしのコンパクト機です。上位機種のRX1もあってそちらは更に面白いのですが、価格帯が完全におかしなことになってますのでそっちはあまり現実的な感じがしないのでこのRX100を推しました〜。

 

それではホントに良いお年をお迎えくださ〜い!

広告
カテゴリー:かんがえたこと
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。