ホーム > かんがえたこと > 2012年の一眼レフ機オススメをさっとまとめてみました。

2012年の一眼レフ機オススメをさっとまとめてみました。

どうも。なんとか仕事納めも終わりました@kisaragi_Virです。今年は例年よりも時間に余裕がある年始になりそうなので久方ぶりにゆるりと過ごします。

今日は僕が独断と偏見で選んだ、今年買いだったと思われるカメラをいくつか紹介してみようかと思います。(まあ、今年はかなり鉄板な機種しかないのですけどね。)

本気の一眼レフデジカメの部門。

フルサイズのエントリー機、Nikon D600がオススメ!

D600 | ニコンイメージング

 

 

 

 

 

正直、性能面では絶対的にD800が上ではあるのですけど、かわりにかなり撮影に神経を使いがちになると思います。高画素のセンサーを搭載しているが故に見る目が厳しくなりがちです。勿論ストイックに写真を追求するならその姿勢で正しいのですけど、楽しんで使うぐらいのポジションの人にはD600っていう選択肢はとても良い気が致します。いままでよりも手軽にフルサイズに挑戦できて重さもD800に比べては軽量。それでいてファインダーもよくできていますから長いこと楽しめる一台になっていると思います。

一応、次点にはPENTAXのオールラウンドなハイエンド機K-5Ⅱを推してみます。LPF非搭載のK-5Ⅱsも出たのですが、どうしてもマイナーチェンジ感否めないのですけどモノ自体はとても良くできています。

本気のミラーレス一眼の部門。

OLYMPUS OM-D EM-5がダントツではないかと。

OLYMPUS OM-D E-M5|デジタル一眼カメラ|オリンパスイメージング

 

 

 

 

プリズムファインダーにこだわらない、ミラーレス一眼でオススメするなら今年はOM-Dがとてもよい選択だと思われます。高度な手振れ補正機能と防水性で撮影する場所を選ばない汎用性とボディの軽さ。EVFの解像力もここまでくればまずは不満がないレベルですね。少しばかり操作系は複雑にみえますが慣れれば快適に使える機種かと。発売当初は作動音が高いという指摘もあったのですがアップデートでそつなく対応したあたりも優秀です。

次点にはNEX-6を推してみます。NEX-7よりも機能をシンプルにしてお求めやすい値段に仕上げてきたあたりとダイヤルの使いやすさがよくなっている。液晶のインターフェースがかなりカッコいいのも個人的にはポイントが高いです。ただ、キットレンズがいまひとつ垢抜けない感じがして宜しくないのが残念。発色自体はようのですけど。

k−

普段使いの一眼デジカメ部門。

Nikon D5100はブロガー使用率高し?

D5100 – 高画質 | ニコンイメージング

 

 

 

 

 

お値段手頃、大きなサイズにプリントアウトする機会はやや少なめ。でもバリアングル液晶は使いたいし、交換レンズも倍率が高めだといいな〜という欲張りな方にはこちらがオススメじゃないかと思います。時期的にもかなりお買い得な頃合いになっていますから初売りで家電店を覗いてかなり安く買えそうなのはこれなハズです。僕が普段巡回しているブログのユーザーさんも多くの方がこれを使っているようですが、人気の秘訣はNikonブランドの強さと液晶の扱いやすさなのでしょうか?

次点は迷うのですがEOS kiss X6iを推してみます。新開発のSTMレンズは本当に駆動音が静か。一眼レフで動画撮影っていうのが今後増えてくるでしょうからこういうところはじわじわと評価が伸びてくるんじゃないかと予想してます。

と異論もある内容ではないかとおもいますが僕個人はわりとスッキリと収まった感じが致します。明日も気が向いたらコンパクトデジカメ編とか書くかもしれませんが今日はこのくらいです。それでは〜。

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。