ホーム > かんがえたこと > キヤノンも新しいコンパクト機投入か?といううわさ。

キヤノンも新しいコンパクト機投入か?といううわさ。

どうも。来年は今より指力が強くなりたい@kisaragi_Virです。

今年も残り少ないですけどまだまだ気になる記事は多いですね。

エンジニアの嗜みさんによるとキヤノンが新しいレンズの特許を取っているようです。どうもこれがAPS-Cサイズのセンサー用ではないかとのこと。それもレンズ一体型のカメラに使う規格の構造になっているそうです。

513vrO65D1L._SL500_AA300_

要はG1Xの後継機なのか、はたまた更なる上級機なのか。そういったモノを研究開発しているらしいということですね。仮に出たとしても大きさも当然今よりサイズアップすることになるのでしょうからコンパクト機とはいえそれなりの重量は覚悟することになるでしょう。

そしてなによりEOS Mという既にAPS-Cセンサーを搭載した機種があるわけですからその辺りをうまく住み分けさせるのが難しいような気も致します。(今でもコンパクト機のG1Xの方がどちらかというと玄人受けしている感がありますからね。折角作ったMもそれなりに成功させたいのはキヤノンの本音でしょうし。)

それでもコンパクトカメラで画質を他社と差別化していく上では避けては通れない道なのかなあ。今はこぞって各社やってますからどこが頭一つ抜けてくるかが勝負ですけど。

いつ商品化するのかも全くわからない話ですけどそんな機種が出る可能性が高いということではないかと。まあ、そんなところで。

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。