アーカイブ

Archive for 2012年12月

いろいろあった2012年を振り返ってみました。

一年が過ぎるのがあっという間。近年の僕がわりと多く口にしていた言葉だってのではないかと思います。この手の感覚は、同じ習慣の連続によって体が慣れてくると体内時間を短く感じるためだとどこかで聞いたことがあります。そういった意味で、今年は一年を長く感じた年ではなかったかと思います。あ、どうも。@kisaragi_Virです。

今日は今年の振り返りということで色々考えたのですが、大きかった変化を3つにしぼって書いてみようかと。そういう企画です。

medium_2355216100

photo credit :photopin Via matt hintsa

 

ネット上の立ち位置を変えたことによる変化。

今年はいままでネットの傍観者だった僕が何かを発信しようとしたきっかけの年ということになると思います。何事にも仕事を中心に置いてやってきたここしばらくの生活に疑問を感じたこともあるのですが、自分が楽しんでできることをより一つでも多く、しかも役に立つことがある可能性のあることをするべきだろうと思って始めたことです。

それまでは続ける自信がなかったTwitterに参加し始めたのが7月のはなしですからまだ半年とたっていないのですけど、随分ながいことやってるような感覚になるのは面白い結果ですね。そして今は情報ソースの多くがこのTwitter関係だったりします。元々使っていたRSSリーダー系のアプリと合わせることによりテレビ、新聞、雑誌等にかける時間が本当に少なくなったというのが時間を有効に使うことができた一つのポイントだといえます。これによってできた時間をどのように有効に使うかは今後しばらく考える紆余曲折すると思いますが。

 

 

セミナー、オフ会に参加したことによる変化。

これも人生初の出来事でした。それまでに参加しようと思ったこともなかったのですが、やはりネット上で語られることの多くは実際に参加しないと楽しさが伝わってこない部分もあったりすることと、この時期にはブログというものを視野に入れて考えていたのでそのノウハウを学ぶ絶好の機会であるとこの時の僕は考えていました。

いざ、実際に参加した結果得たもの。それは技術論ではなくて情熱論だと僕には思えました。どのようにやればうまくいくか、というよりもやり続けることに結果は付いてくる。そこに義務感を感じるのではなく、達成感を味わう為に書く事を日常化する術を教えて頂いたように今の僕には感じられます。

そして、実際に同じセミナーで出会った方々とお話させて頂いたり、お食事させて頂いたことというのは単に楽しいイベントというだけではなく、いろいろな「気づき」を僕に与えてくれました。お会いした方々には感謝の言葉しかありません。

 

アシタノレシピ -明日を楽しくするレシピ集-

 

 

 

 

 

体を動かすことを始めたという変化。

いままで僕は体を動かすスポーツを能動的に選んだことはありません。皆無でした。新しい習慣を得る事、時間を有効に使う事、これらを考えて多少なりともカタチになってきたときに、僕が次の挑戦として取り組んだのが「カラダづくり」でした。友人の紹介があったことが直接のきっかけではあるのですが、今は週に2回ほどボルダリングと呼ばれるクライミングの一種をジムで始めました。

最初は長い事動かしていなかった筋肉が鬼のように悲鳴をあげて挫折しかけましたが、最近はそういったこともなく淡々と課題を落とすことに楽しさを覚えております。同時に食事に気を使うようになったのは副産物的ではありますが、新しいとても良い習慣です。

 

medium_3330790566

 

photo credit photopin Via linquene

(ボルダリング自体がカラダ一つあれば用意する道具があまり必要なかったりするコストの低さも魅力だったりはするのですけど。)

さて、2012年もこの記事を書いている間に残り時間が減っているわけですが、新しい一年へのカウントダウンでもあるわけですから、更なるワクワク感が僕を待っています。そのためのプランがいくつか見えていますし、そこにいくための手段もあります。ということでさようなら2012年。おいでませ2013年!皆様良いお年をお迎えくださ〜い!

 

 

 

 

 

 

 

って最後の最後ですけど、昨日の記事に書いてた僕の2012年イチオシのコンパクトデジカメだけ発表しておきます。

今年輝いていたコンパクト機部門。

SONY RX100

DSC-RX100 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

 

 

 

 

センサーを供給しているSONYならではの強さ。大型のセンサーをコンパクト機に搭載させていてなおかつサイズをさほど大きくせずにおさまっています。液晶画面の鮮明さ、解像力にも定評がある上にレンズも解放f1.8。向かうところ敵なしのコンパクト機です。上位機種のRX1もあってそちらは更に面白いのですが、価格帯が完全におかしなことになってますのでそっちはあまり現実的な感じがしないのでこのRX100を推しました〜。

 

それではホントに良いお年をお迎えくださ〜い!

広告
カテゴリー:かんがえたこと

2012年の一眼レフ機オススメをさっとまとめてみました。

どうも。なんとか仕事納めも終わりました@kisaragi_Virです。今年は例年よりも時間に余裕がある年始になりそうなので久方ぶりにゆるりと過ごします。

今日は僕が独断と偏見で選んだ、今年買いだったと思われるカメラをいくつか紹介してみようかと思います。(まあ、今年はかなり鉄板な機種しかないのですけどね。)

本気の一眼レフデジカメの部門。

フルサイズのエントリー機、Nikon D600がオススメ!

D600 | ニコンイメージング

 

 

 

 

 

正直、性能面では絶対的にD800が上ではあるのですけど、かわりにかなり撮影に神経を使いがちになると思います。高画素のセンサーを搭載しているが故に見る目が厳しくなりがちです。勿論ストイックに写真を追求するならその姿勢で正しいのですけど、楽しんで使うぐらいのポジションの人にはD600っていう選択肢はとても良い気が致します。いままでよりも手軽にフルサイズに挑戦できて重さもD800に比べては軽量。それでいてファインダーもよくできていますから長いこと楽しめる一台になっていると思います。

一応、次点にはPENTAXのオールラウンドなハイエンド機K-5Ⅱを推してみます。LPF非搭載のK-5Ⅱsも出たのですが、どうしてもマイナーチェンジ感否めないのですけどモノ自体はとても良くできています。

本気のミラーレス一眼の部門。

OLYMPUS OM-D EM-5がダントツではないかと。

OLYMPUS OM-D E-M5|デジタル一眼カメラ|オリンパスイメージング

 

 

 

 

プリズムファインダーにこだわらない、ミラーレス一眼でオススメするなら今年はOM-Dがとてもよい選択だと思われます。高度な手振れ補正機能と防水性で撮影する場所を選ばない汎用性とボディの軽さ。EVFの解像力もここまでくればまずは不満がないレベルですね。少しばかり操作系は複雑にみえますが慣れれば快適に使える機種かと。発売当初は作動音が高いという指摘もあったのですがアップデートでそつなく対応したあたりも優秀です。

次点にはNEX-6を推してみます。NEX-7よりも機能をシンプルにしてお求めやすい値段に仕上げてきたあたりとダイヤルの使いやすさがよくなっている。液晶のインターフェースがかなりカッコいいのも個人的にはポイントが高いです。ただ、キットレンズがいまひとつ垢抜けない感じがして宜しくないのが残念。発色自体はようのですけど。

k−

普段使いの一眼デジカメ部門。

Nikon D5100はブロガー使用率高し?

D5100 – 高画質 | ニコンイメージング

 

 

 

 

 

お値段手頃、大きなサイズにプリントアウトする機会はやや少なめ。でもバリアングル液晶は使いたいし、交換レンズも倍率が高めだといいな〜という欲張りな方にはこちらがオススメじゃないかと思います。時期的にもかなりお買い得な頃合いになっていますから初売りで家電店を覗いてかなり安く買えそうなのはこれなハズです。僕が普段巡回しているブログのユーザーさんも多くの方がこれを使っているようですが、人気の秘訣はNikonブランドの強さと液晶の扱いやすさなのでしょうか?

次点は迷うのですがEOS kiss X6iを推してみます。新開発のSTMレンズは本当に駆動音が静か。一眼レフで動画撮影っていうのが今後増えてくるでしょうからこういうところはじわじわと評価が伸びてくるんじゃないかと予想してます。

と異論もある内容ではないかとおもいますが僕個人はわりとスッキリと収まった感じが致します。明日も気が向いたらコンパクトデジカメ編とか書くかもしれませんが今日はこのくらいです。それでは〜。

カテゴリー:かんがえたこと タグ:

うわさだけが聞こえてくるEOS 3Dっていう名前の存在。

どうも。お昼に食べたものがカラダに合ってなかった模様の@kisaragi_Virです。お惣菜売場のフルーツサラダには今後気をつけようと思います。

さて、来年2013年のCanonが一発目に出してくるであろう一眼レフデジカメで現在、かなり高い可能性になっているのは「EOS 7D markⅡ」ではないかと言われています。APS-Cセンサー搭載の高級機を来春くらいにリリース、というのがおおよその予想です。

そちらに関してはかなり具体的な噂があったりしますので発売することは既定路線なんじゃないかな、と僕も思うのですけど、今日気になったEOS 3Dっていう機種に関してはどうなんだろうなあ。という半信半疑な感じで見ています。

というのも名前自体の存在はかなり古くて、5年以上前から「開発しているらしい」とか「モックは出来上がっている」とかまことしやかに囁かれて続けてきている機種ではないかと記憶しているからです。当時の画像がありましたので見つけてきましたがこのデザインで出る可能性はまずなさそうな。そんな感じですね。

img4852819a0c08a

 

 

 

それが今年の秋ぐらいからまた出るかも?情報が流れているようで、画素数が4610万画素になるとかいうネタも一緒に付いて広まっているみたいです。

今回の噂が流れた出所で直近、僕が確認したのはNorthlight imagesが最新情報としてEOS 7D MarkⅡの開発と絡めた文章を記載しているのをCanon Rumorsが記事にしているように見えているのですが、2013年から2014年ぐらいを目安に発表される、らしいです。(あんまり信じていませんけどw。)

もしも仮にEOS 3Dが出るとしても、当然EOS 5D markⅡの更に上のクラスになる訳ですから、かな〜り高価な機種でしょうし、おそらくかなりの重量級ボディになるのではないかと予想してみます。(フルサイズ機?とも言われていますし、EOS3の名前を継承するのであればファインダー倍率は高めで高速連射に強い機種であって欲しいところです。)

しかしそれでもEOS 1DX – EOS 3D – EOS 5D MarkⅢ – EOS 6D というフルサイズの4段構えはやはり想像しにくいものがありますけどね。どうなんでしょ。期待せずに続報を待ちましょう。それでは。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

キヤノンも新しいコンパクト機投入か?といううわさ。

どうも。来年は今より指力が強くなりたい@kisaragi_Virです。

今年も残り少ないですけどまだまだ気になる記事は多いですね。

エンジニアの嗜みさんによるとキヤノンが新しいレンズの特許を取っているようです。どうもこれがAPS-Cサイズのセンサー用ではないかとのこと。それもレンズ一体型のカメラに使う規格の構造になっているそうです。

513vrO65D1L._SL500_AA300_

要はG1Xの後継機なのか、はたまた更なる上級機なのか。そういったモノを研究開発しているらしいということですね。仮に出たとしても大きさも当然今よりサイズアップすることになるのでしょうからコンパクト機とはいえそれなりの重量は覚悟することになるでしょう。

そしてなによりEOS Mという既にAPS-Cセンサーを搭載した機種があるわけですからその辺りをうまく住み分けさせるのが難しいような気も致します。(今でもコンパクト機のG1Xの方がどちらかというと玄人受けしている感がありますからね。折角作ったMもそれなりに成功させたいのはキヤノンの本音でしょうし。)

それでもコンパクトカメラで画質を他社と差別化していく上では避けては通れない道なのかなあ。今はこぞって各社やってますからどこが頭一つ抜けてくるかが勝負ですけど。

いつ商品化するのかも全くわからない話ですけどそんな機種が出る可能性が高いということではないかと。まあ、そんなところで。

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

Nikonミラーレス機のラインナップが増える?うわさ。

今年はケーキにチョコレートやお菓子など柄にもないものをいろいろ食べた@kisaragi_Virです。カロリー計算とかは怖いのでしないようにします。

さて、表題の件ですがNikon rumorsでそんな内容の噂がある記事を目にしました。

 

|ニコン噂J3およびS1:ニコンは1月中に2013年のCESショーの間に二つの新しいミラーレスカメラを発表する

 

 

 

 

ズバリ、今回のうわさのポイントは2点。

  1. Nikon 1 J3なるマイナーチェンジ機が投入される。
  2. Nikon 1 S1というエントリー機が新たに登場する。

ご存知の方も多いでしょうけどCESといえばアメリカで開発される最新の電化製品ショーです。そこに出展されるということはかなりの割合でその年度に製品化されるものが多いのですが、そこにNikonが新しいミラーレス機を投入する。ここまではわかるのですけど…。

 

記事内でも書かれてはいますがJ3に関しては前のモデル(つまり現行ですが)、Nikon 1 J2 の発売日が今年の9月です。発売してからのスパンがあまりにも短すぎます。開発するスピードも当然あるわけでしょうから、そんなに短い時間では大幅な性能の向上も望めないでしょうし。噂どまりな予感が致します。

Nikon 1 S1に関してはなんともいえませんが金額が安いミラーレスを新たにラインナップに加える、というスタンスらしいです。正直今のJ2あたりの金額でも充分に安いとは思うのですが。これ以上に何かを削ぎ落して新たな廉価なモデルを作るのはかなり冒険な気も。新しい顧客層の開発とかいう話ならばそういうものかもしれませんけど、既存のファンにはあまり受けなそうですけどね。(これからはコンパクト機にはあまり期待してないのかも。)

とはいえ、ミラーレスも使う方のレベルに合わせて機種が選べるようになる日は近いようですね。

今回の話と合わせて並べてみると…。

 

Nikon 1 V2 (ハイエンド)*新商品。2012.11投入。

Nikon  1 V1  (旧タイプ)2011.10~

Nikon 1 J3 (coming soon?) 2013.??

Nikon 1 J2  (ミドルクラス)*新商品。2012.9投入。

Nikon 1 J1 (旧タイプ)2011.10~

Nikon 1 S1 (coming soon?) 2013.??

 

とまあ、こんな感じになりますね。V-J-Sという流れを作るのかなあ。いずれにしてもあと少しで情報は出てくるでしょうから面白い結果を期待しましょう。それでは。

 

 

 

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

PENTAX Q10とエヴァンゲリオンの「Q」つながりな企画、始まります。

どうも。指先の水分が枯渇ぎみの@kisaragi_Virです。PENTAXが独自路線で突っ走るコンパクト一眼のQですけど、今年発売のQ10にはかなり気合が入っているようでいろいろと面白いことをやっています。

 

まずはCM楽曲を提供しているTHE BAWDIESのメンバーが撮影した写真を公開する企画が今月から公式ページで始まってますし、

 

Q10×THE BAWDIES|Q10|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

 

Qマウントをモチーフにデザインした時計がもれなく貰えるキャンペーンなんてのも来年1月末までの限定で継続中です。

 

PENTAX Q10デビューキャンペーン 第二弾|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

今月の28日までですからあと僅かですが、東京と横浜のTSUTAYAではQ10のレンタルを無料でできるチャンスなんかもあります。

 

TRY! Q10 体感キャンペーン実施中 12/5WED 〜 12/28FRI|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

そして今日発表になったのがタイトルのエヴァンゲリオンコラボ企画です。

 

もうひとつのQ始動!PENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデル開発決定|PENTAX RICOH IMAGING

 

 

 

 

ご存知の方も多いかとは思うのですが、PENTAXのカメラはカラーバリエーションが非常に豊富で自分だけの色をカスタマイズできるものがあります。このQ10もその一つで、2色の色をかなり自由に組み合わせることができます。

きっと零号機から弐号機までのカラーリングをイメージしたQ10を出してくるのではないかと思ったので色の組み合わせを見ていたのですけど、肝心の初号機がうまいことできないですね。(紫と緑の2色でできればよかったのに…。)

 

Q10

 

 

 

 

 

 

 

(きっと弐号機ならこんなかんじの色になるのでは?)

 

カラーバリエーションだけでももちろん楽しみではあるのです。しかしそれでは予想が簡単にできることですからもっと面白いサプライズに期待したいですね!

まだ具体的な発表はないのですけど近日公開とのことですのでいずれ遠くない話でしょう。

あ、あと年越し映画一挙上映なんてのもありますねえ。それでは。

 

 

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,

2013年のオリンパスが発表するモデルの予想だそうです。

どうも。今日はしばし風雪にさらされてカチンカチンになりそうな@kisaragi_Virです。

43Rumorsでimpress japanからの情報としてオリンパスが来年に発表する可能性のあるモデルというのを予想しています。というのも今年オリンパスはソニーと業務提携を発表していますから、それがどのように来年以降に影響するのかが読みどころ。といった感じになっているようですけど。

 

3つの予想はとても妥当なものが多いです。

  • 現行のE-5の後継モデルが発表か?
  • 大型センサーのコンパクト投入か?
  • 他社FXサイズ相当のセンサーを開発?

 

1.E-5の後継モデル?

 

書かれていることもさほど量があるわけでもないのですけど、端的にいうとまずこういうことですね。最初のE-5に関しては発売から2年を経過しておりますから時期としても丁度よい頃合いではないかと思われます。世間的に人気はEM-5の方でしょうけどこちらはまだまだ販売したい盛りですからね。順当にハイエンド機から刷新されていくでしょう。

 

E-5|デジタル一眼レフカメラ|オリンパスイメージング

 

 

 

 

 

2.大型センサーのコンパクト機投入?

 

高級コンパクト機に関してはボディサイズ、販売金額からみても決して気軽に買えるモデルではないのですけどCanonのG1X、SonyのRX1(こっちはもう論外な値段なのですが。)あたりが先行して発売しているうえに目の肥えたユーザーさんにかなり評判が良いようです。Sonyからのセンサー技術があればOlympusからも短い開発時間でいける?ということでしょうか。

 

DSC-RX1 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

 

 

 

 

キヤノン:PowerShot G1 X|概要

 

 

3.一眼レフ機の大型センサーの開発?

 

これは個人的には?な感じが致します。E-5がOLYMPUSでは事実上のフラッグシップになるのですからそう簡単にはフォーサーズ基準のシステムを変えられそうにありませんし、逆にE-5よりも更にグレードの高いモデルを新設するのであればまた新たにレンズ群も必要になる可能性が高いわけですからかなりリスクが高いと思われます。まあ、出れば面白いですけど。

 

あとは、それとは別にm4/3のエントリーの方が来年早々にも変わるとかはどこかで読んだ気が致しますけど。早く新しい情報を知りたいですね。それでは。

 

カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,