ホーム > かんがえたこと > Nikon D5200が発表されたいまだからこそ…。

Nikon D5200が発表されたいまだからこそ…。

はい。数日前にそんな情報があって実際、本日発表になりました。

 

 

Nikon D5200 発表。

 

前評判通りではあるのですがそのスペックで気になったスペックのD5100との変更点はというと…。

  • 画素数が1,620 ➡ 2,410万画素にアップ。
  • AFポイント 11点 ➡ 39点にアップ。
  •  画像エンジン EXPEED 2 ➡ EXPEED 3
  • ライブビュー時にミラーアップ状態で撮影可。
  • ワイヤレスリモコン(別売)対応。

と、画像エンジンは現行の最新に更新されるのは当然として、AFポイントはD7000と同等の39点測距は大幅な進化。画素数も順当にアップ。

ライブビュー撮影がおそらく高速でレリーズできるのは進化点ではあるのでしょうけど、元々がだいぶ遅いので実際に見てみるまではどのくらい使えるかは判断できないですね。

ワイヤレスリモートコントローラーが受信/送信機というオプションで発売になるのは面白いと思います。意外とこの手の需要は多いみたいですし、あれば撮影の幅がぐっと広がることでしょう。(難はお値段で両方買うと10,000円ぐらいになってしまうことでしょうか。)

 

あとは、Nikonでは唯一のアングルフリーな液晶を搭載した機種ですのでそれも選択の要素になると思います。

 

この機会にある、他の選択肢。

 

逆に見て行くと、D5200はD5100同様AF-Sレンズ専用機ですので当然使えるレンズに制限がありますことが一つ大きなポイントになります。現在、予約売価でボディが約80,000円くらいといったところですから、ワンランク上のD7000の方がレンズの互換性に融通が効いて、ファインダー視野率は広く、高速連射も有利で価格は60,000円代とお安めです。(多少設計が古いのは否めませんけど。)

 

それとこれから廃盤になっていくであろうD5100もWズームキットで60,000円代で手に入ることを考えると、そんなに難しい撮影をしないのであればこのキットで充分に満足できる方も多いはずです。初めての一眼レフであれば、カメラボディの性能よりもレンズが揃ってないといろいろと不便でしょうからこっちがいい、という見方もありでは。

 

D7000に関してはまだしばらくは現行機でしょうから問題ありませんが、D5100の底値を狙うならこれから年末ぐらいが丁度良い時期になりそうですよ。それではこのくらいで。

 

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。