ホーム > まなんだこと > OLYMPUS XZ-2のはなし。

OLYMPUS XZ-2のはなし。

今月の26日に発売になったばかりの新機種のことを少しばかり。きになったことをいろいろと見ていたのでそのことを書いてます。気になった方はどうぞ。

ファンクションキーの新設。

前のモデルはXZ-1で2011年2月の発売ですので約1年半でモデルチェンジになりました。大きな変更点はまず、このファンクションキーが本体の背面にFn1、前面にFn2と二つ追加されたことにより、より操作性が向上しています。ちなみに、

Fn1…選択できる機能の中から一個好きなのを割り当て。

Fn2…キーを押すたびに選択できる機能が切り替え。(カスタマイズは可能。)

という感じになっているので自分好みにいろいろと設定してみると楽しいのではないかと。

コントロールリングの進化。

レンズ周りに設定されているコントロールリング。従来のXZ-1ではAV/TVモードの際にそれぞれの数値を変更させたり、アートフィルター機能を選択したりといった使い方がメインでした。それが今回のXZ-2ではまず、操作の質感を今までの「カチカチ」感のあるデジタルモードに加えて滑らかに回転するアナログモードが追加になってます。ここにズームやMFの際のピント合わせをもってこれるのがポイントで、昔からのカメラの操作感に近い状態にできるのが進化点ですね。

液晶パネルが動きます。

これはXZ-1が非可動だったのが可動になった訳で。可動する向きが縦方向だけなのが多少物足りないですけどこういうものなのでしょう。あと、タッチパネルの反応が良くなっているみたいです。個人的にはあまり興味ないのでこの辺はあっさりとw。

とはいえ…。

1/1.7、1200万画素のセンサーは実質ほぼ据え置き、レンズ性能も特筆するところがないのは否めない感はあります。金額が約55.000円。今だとXZ-1が約31.000円程度で手に入るようですので考えてしまうところですね。(まあ、某R社のハイエンドも同じような傾向はあるのですけど。)要は操作性さえ問題なければですけど、XZ-1が買いっていう選択もあるかもしれませんってことです。

あ、それとここに追記しちゃいますけど、FlashAir対応になってるのはXZ-2からですね。これは便利機能ですのでXZ-2を選ぶ時のポイントになるかも。(スミマセン。後から気がつきました。)

同価格帯だと今年はSONYのRX100がとても強いライバルになりそうです。年末までにどのくらいの価格差になるかが一つの決め手にはなると思いますけど。

ちなみに。

今秋からはOLYMPUSのデジカメはSTYLUS、っていうブランドで展開を始めています。まあ、CanonのIXYやNikonのCOOLPIXみたいなものですね。OLYMPUSでは長い事「μ:ミュー」っていう名前でやっていたのですが最近聞かなくなっていました。なかなか新しい名前って定着するまでに時間はかかるとは思うのですが、長くブランドが続くように良い機械がたくさんできると良いと思います。そんなとこで今日はこのくらいです。

広告
カテゴリー:まなんだこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。