ホーム > かんがえたこと > Nikon 1 V2のはなし。

Nikon 1 V2のはなし。

今日Nikonが正式発表した新機種のお話を少しばかり。というかこのV2は出る事自体はなんとなく聞こえていましたがどんなカタチで仕上がっているのかが意外とノーマークだった機種です。

Nikon 1 v2の進化した点。

  • 軍艦部にモードダイヤルを追加。これでだいぶ使いやすくなります。
  • フラッシュ内蔵。(V1が別売りだった方がどうなんだっていう話ですが。)
  • グリップの大型化。だいぶホールド性が良くなります。
  • スロービュー機能を搭載

他にもあるのでしょうけど、気になったのはこのくらいかと。Nikon1のシリーズを発表して以来、J1はかなりのお買い得感があるミラーレス機としてどこの量販店でもかなり安売りされていましたが、V1は少し高止まりの価格帯の時期が長かったことと、標準レンズキットが単焦点だったりストロボが外付けだったりとあまり初心者向けではなかったモデルじゃなかったかと思います。

今回の進化でカメラとしてはだいぶ使いやすくなるように見えます。モードダイヤルはやはり独立してあった方が便利ですしフラッシュも然り。グリップを実際に持った感じに関してはtechradar.camerasでレビューが上がっているので見てもらうとイメージがしやすいと思います。

スロービューが面白そう。

どのくらい使えるのかは実際に触ってみないとなんともいえないのですが、公式の案内では動画を使った紹介がされていまして、要はシャッター半押し後の1.3秒間に40コマの画像を一気に記録してあとからベストな一枚を選べる機能という感じです。(撮影後にスローでコマ送り画像が再生されるので良いショットが確認しやすいというところがgood。)

処理に少し時間がかかるような記述もされているようなので、いいことばかりではないのかもしれません。とっさの一枚の時には実用は難しいのかもしれませんけど狙って一枚撮りにいきならば有効なこともあるのでは?などと思ったりしております。

その他いろいろ。

動画の記録種類にスローモーションがあるのも何気に面白そうな機能ではあります。どのくらい使うことがあるかは疑問ですけどw。AF系は顔認識が追加されたものの、基本はV1とさほど変わらず、といったところみたいですので驚くことはないでしょう。

ちなみに僕のファーストインパクトはCOOLPIX5700のレンズ交換が可能になったらこんなカラチになりました。っぽいなあと思いまして少し懐かしくなりましたw。

発売は11月。標準レンズキットが約9万円くらいからのスタートな模様です。年末のミラーレス戦争が面白いことになりそうですね。それでは今日はこの辺で。

そうそう。今日は午前中はiPad mini。午後がKindle fireとタブレットの方も面白い展開になってますね。僕はiPad Retinaが気になっておりますがそちらも年末が熱そうです。

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。