ホーム > かんがえたこと > K-5Ⅱの進化のはなし。

K-5Ⅱの進化のはなし。

PENTAXが一眼レフデジカメのK-5を発表したのは2010年10月の話ですので、いまからちょうど2年前になるのですね。当時のPENTAXはHOYA傘下の子会社で赤字体質からの脱却とか経営体質の改善とかやっていた時期ではなかったかと記憶しております。

先行きがよく見えない状態で発表されたK-5ではあったのですが、蓋を開ければ非常に良くできたカメラでした。

  • マグネシウム外装
  • 最大ISO感度51,200
  • 防塵、防滴構造
  • 秒間7コマの連射機能…

などなど他のメーカーでしたらかなり高額なクラスの機種じゃないと入っていない機能がしっかりとつまって10万円台というのですから驚きだったわけです。(最終は多分、10万円を切るか切らないかくらいまで安くなっていたのでは?)今でも在庫を持っている店舗はかなり良い値段で販売していますね。Amazonでも¥95,800とかついてますから発売時期を考えるととても高い金額帯を維持していますね。

そして今年はRICOHと合併してX-5,K-30と着実に開発を進めていくなかでの本命としてK-5ⅡとK-5Ⅱsがこの10月に発売させる流れになっているわけです。

K-5ⅡsはLPF非搭載の高画質優先モデル、ということでNikonのD800同様に同時2モデルを発表して好きな方を選んで下さい的な感じになっているのですが、差額が2万円もしないですからね。ここはSで行った方が面白い気がします。

さて、その新型なのですが進化点は非常にシンプルで良くできております。

  • 従来よりも暗いところに強いAFモジュールを新開発
  • 見やすく、ゴミが入りにくい新液晶を搭載

先日、実際に体験会なども行っていたようですので、AF機能の進化に関しては参加されていた方からもかなり良い印象が伝わってきます。

私の小さな写真館+さんの記事がとてもわかりやすくて勉強させて頂きました。実機の画像も多く掲載されておりますし、液晶の画像などは一目瞭然ですね。

発売まであと3日。大きな販売店では週末には店頭に並ぶのでしょうから一度手にとってみたらいいと思います。本日はこのへんで。

広告
カテゴリー:かんがえたこと タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。