ホーム > まなんだこと > Fuji X-E1のこと。

Fuji X-E1のこと。

毎年この時期は新しいカメラの発表がありまして端から見ていてもとても楽しいものがございます。なのでこの秋気になる機種を回数を分けてちょいちょい紹介していきたいと考えております。それで今回は本日情報が発表された富士フィルムのX-E1から。ミラーレス機の新星のお話です。興味のある方は続きを読むボタンをどうぞ。あ、申し遅れましたがキサラギです。

富士のXシリーズって近年一気にラインナップが増えてきました同社の高級ラインのカメラなんですけど、レンズが交換できるのはこれが2台目ですね。(昔のNikonベースのFinePixは別にしてですけど。)この機種のいいかも。と思ったところ順に書いてみました。

電子ビューファインダーがキレイみたい。

現行のミラーレス機でOLYMPUSのOM-Dあたりのファインダーを見ても最近の液晶はキレイになったなあと感心するのですが、この機種は更に上をいく236万画素という高解像度の画素数のファインダーを搭載しているようです。

上位機種のX-Pro1などは液晶と光学のファインダーが切り替えできたりするそれはそれですごい機能があるのですが、この新しい液晶画面もぜひ一度、見てみたいものです。

X−Pro1よりも軽くなってる!

多分、よほどカメラが好きでないとこの富士フィルムのX-pro1っていう機種は触ったことがないヒトが多いと思います。それでもっていざ持ってみると鉄の塊のように重い高級感のあるボディに驚くことがあることでしょう。しかし今度発表されたX-E1は100gほど軽くなった350g(ボディ)と、かなり扱いやすくなっているようです。先に書きましたファインダー系の見直しを計ったことが軽量化に成功したポイントのようです。

お買い得な値段になってきた。

レンズキットで11万円くらいからのスタートのようですからX-pro1に比べてはるかに手には入れやすくなったと思います。(Pro1はボディで13万くらいしますから。)対抗馬になるのはSonyのNEX-7とかでしょうか。ここまで高級ミラーレス機はNEXが強いようなイメージがありましたが、この機種が投入させて競争が活発になるのはとてもいい刺激になるのではないでしょうか。

こんなヒトにおすすめかも。

フィルムメーカーだけあって、いろいろなフィルムでプリントしたような効果を内蔵していたり、作りもクラシックなカメラをイメージしたデザインになっていますから、昔のフィルムカメラを楽しんでいた方は勿論、ファインダーを覗いてスナップを撮りたい人にはぜひ一度手に取ってみてもらいたいカメラな気が致します。

といったところで本日はこんなお話でした。ご覧頂きましてありがとうございます。

広告
カテゴリー:まなんだこと タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。