ホーム > かんがえたこと > スマホ時代の洗濯機のはなし。

スマホ時代の洗濯機のはなし。

photo credit : Darwin Bell via photopin

今や時代はスマホ全盛期に突入しておりますが最近の日本の家電メーカーは今ひとつ元気がないようです。技術立国日本らしい商品がでてくることを期待しておりますが、本日はそんななかで変わり種を見つけたのでその紹介をしてみようかと思います。申し遅れました。記事を書いておりますキサラギと申します。もしもお時間があるのでしたら続きを読むのボタンを押してみて下さい。すこしだけ読み物がございますので暇つぶしになると思います。

元来、洗濯機において最も重要視されたのは如何にして衣類をキレイにするか、ということでした。それが進化の過程において省エネ化が進んだり、乾燥機能までを1台ですべてできるようになったり、と開発が進んできた訳でございます。家庭のおいては洗濯がより簡単に効率よくできるようになり、元々それに使っていた時間を有効利用できる、という恩恵を多くの方々が得られたことになります。しかし、洗濯機の今の現状からの更なる進化、というのは僕が素人目に見ても多分、難しいのではないかと考えてしまいます。そんななかこの夏Panasonicから発表された商品が実に面白い、というか興味深いというかまあ、考えさせられる商品でした。

洗剤の種類まで覚える洗濯機。

遂に洗濯機とスマホのコラボレーションが実現した模様です。詳しくはリンク先の情報をご覧頂くのが正しい情報なのですが、端的に簡単にご説明させて頂きますと、

  • Android機能を搭載。スマホが柔軟剤と洗剤の適正量を教えてくれます。
  • スマホで洗濯コースの指示やすすぎ回数などが設定できます。
  • エコ情報が確認できます。
  • 説明書がスマホからでも確認できます。

などなどの機能が搭載されているのです。これはPanasonicが現在進めている「パナソニックスマートアプリ」の一環として存在している、というのが前提条件ですので他にも冷蔵庫や炊飯器などの温度管理や予約などができるなかの機能のひとつ。と捉えるのが正しい見方だとは思うのですが、僕が見た感想としては「やや無理があるなあ」といった感じが致しました。

なぜ、そう思ったかというとまず洗濯機で細かい設定をしたい方はおそらく少数派でしょう。(勿論、衣類の種類によっては設定をきちんとしないとダメなケースもあると思いますけど。)ある程度は自動で判断してやってもらいたいですし、洗剤の量とかって分量が大事なのはわかるのですが、それをクラウドサーバからダウンロードして確認するって正直、買ってから何回操作する機能なのかが未知数ですよね。僕は多分、最初に1回見たら充分かな。あとはわからなくなったら洗剤の箱の横にある説明を普通に見ていると思いますw。洗剤メーカーさんもそのあたりは誰でもわかる絵入りで親切に書いてくれているかと。説明書の下りも微妙で、毎日使うものがその都度説明書見ないと操作できない機能がある方がナンセンスですし、折角本体に5インチもある大型液晶が付いているならそこで完結して欲しいと思います。エコ情報は…見る人いるんですかね。

まだ発売になっていない商品ですので僕が考えているよりももっとすごいことになっているのかもしれませんし、根本的にはき違えていることがあるのかもしれないですけど、スマホのメリットってあくまで家電に限定するのであれば、おそらく遠隔操作できることと毎日の履歴を管理できることだと思うのですけど、洗濯機はどちらにもあてはまりにくい気がするのです。それだけ白物家電はヒットさせるのが難しいんだとは思うのですけど。主に主婦の方をターゲットにするわけでしょうから、安くてもシンプルすぎてはダメでしょうし、高性能でも高価であまり複雑すぎてもやはりダメなのでしょう。家電メーカーさんもなかなかに大変ですよね。今回は少し揚げ足とりなハナシになってしまいましたがそんなことを考えてたキサラギでございました。

広告
カテゴリー:かんがえたこと
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。